2011年6月27日月曜日

花の話題つづき 「復興のシンボル」

先日「ちょっと休憩」で、
今咲いてきた桜(普賢象)のことをご紹介しました。
そうしましたら、その直後19日に
なんと、
同じ樹にまた新しい花びらがあるではありませんか!

しかも先日のよりも元気で2か所に2輪ずつあるのです。
毎年、この樹をウォッチしてきましたが、
この季節に新しく花が咲いたのは初めてで、
しかもそれが次から次ですからビックリです。

こんなことはあるのでしょうか?
どなたか花の生態に詳しい方がおられましたら
教えてください。

私がその花を見上げていると、
通行人(たいがいは犬の散歩をしているオバサマです)に
「花が咲いているのですよ」と教えてあげます。
そうすると、皆さんびっくりです。

それがこの花です。




写真は未掲載ですが、28日にまた1組(2輪)が咲きました。

この花を、
今回の震災で被害に遭った地域・企業の
復興のシンボルにしてあやかるとよいと思います。

当社復興のシンボルとしても期待します。

0 件のコメント:

コメントを投稿