2018年6月15日金曜日

所有者不明の土地が九州の広さほどあるのですって!!


【このテーマの目的・ねらい】
目的:
 広大な所有者が不明な土地の状況を知っていただきます。
 それはなぜ問題でどうすればよいのかを考えていただきます。


ねらい:
 今後の推移を見守りましょう。 


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
これは6月7日の日経新聞の記事です。


所有者が分からない土地の利活用を促す特別措置法が、
6日の参院本会議で成立した。


都道府県知事の判断で最長10年間の「利用権」を設定し、
公園や仮設道路、文化施設など公共目的で
利用できるようになる。


ただこうした土地の面積は
九州本土よりも広いと推計されており、
公益目的の利用だけでは問題の根本的な解消に遠い。


民間による利用拡大を進める施策などが必要になりそうだ。


スゴイことですね。
国土が狭い人口過密の日本で、
そんなに所有者不明の土地があるのですか。
分けてもらいたいですね。


利用権を設置できるのは、
建築物がなく反対する権利者もいない土地。
持ち主が現れた場合は
期間終了後に原状回復して返すことになる。
のだそうです。


そもそも、所有者不明の土地はなぜまずいのでしょうか、
逆にいえば、不明の土地を無くする目的は何かです。


1)行政側から言えば、固定資産税の払い手がいないこと。
2)地域から見ると、権利者が不明のため
 再開発や地域活性化の障害になる、ということでしょう。


そこで、第2段の2020年めどの法改正で


・登記官に所有者を特定する調査権限を与える、
・自治体が把握できる所有者の死亡情報と
 国が管理している登記情報を結びつけ、
 誰が現在の所有者なのか迅速に調べられるようにする。


のだそうです。


そもそも土地の所有者は、
調べれば絶対に分かるはずです。


明治の時代に土地はすべて国・自治体を含め
誰かの所有になったのですから。
そこから相続で転々としているだけです。


因みに現在の法では、
相続した場合の登記は任意なのだそうです。
なぜ、任意なのでしょうか?不思議です。
それを義務化するそうです。
当然でしょうね。


戸籍謄本を調べれば所有者に対する相続権者は分かります。
関連する住民票などと突き合わせていけば、
それらしき人が分かるでしょう。


そういう人がいなければ、これは本当の意味で所有者不明です。
収用してもいいのでしょう。


この調査には手間暇がかかります。
そのコストを誰が負担するのか、が問題です。


この記事でも、こう述べられています。


放棄された土地を誰が管理するのか、
管理する費用を誰が負担するのかなど
具体的な制度設計を巡る調整は難航することが予想される。


所有者不明の土地を無くすことが目的ではなく、
前掲の2点が目的のはずですから、
その必要性を感じる主体が負担すればよいのです。


さっさと進めればいいのに、と思います。


付言
実は今回の特別措置法には、
所有者不明の土地対策だけでなく、
以下のような、道路建設のために立ち退きを要求されている
私個人としては非常に気になる条項が含まれています。


道路や町づくりなど公共工事の妨げになっている土地について、
都道府県の収用委員会の審理を経ずに取得できる。

塀のない受刑者収容施設の今後の方針


【このテーマの目的・ねらい】
目的:
 「塀のない刑務所」の今後の方向について確認していただきます。
 目的重視の適切な判断がされたことをご認識いただきます。
ねらい:
 日本社会が目的重視の思考を強化していくことを
  期待いたしましょう。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
日本社会の現状または今後の展開に少し安心した記事でした。
6月7日の日経新聞の記事です。


塀のない開放的矯正施設の松山刑務所大井造船作業場からの
脱走犯が世間を騒がせました。


塀のない施設などやめてしまえという意見も出て
行く末を心配していました。


ところがこうなったのです。
日本の良識健在なり、というところです。


法務省の検討委員会の結論です。


受刑者が寝泊まりする寮にセンサーを設置して
監視を強化するとともに、
面接などで心情把握に努めるのが柱で
作業場は存続させる。


GPSを使った装置を受刑者に付ける案は、
「受刑者の信頼性を前提に、普通の生活に近い処遇で
社会への適応力を育成する」
という開放的施設の意義と相いれないとして見送られました。


具体的な対応策は
寮の外壁に赤外線センサー、周辺にセンサー付きカメラを設置し
寮の出入り口には電子錠を導入。
寮の窓を人が通り抜けられない幅にした上で、
ガラスを割れにくくする防犯フイルムを貼る。


心情把握については、
受刑者ごとの担当を決めて
職員が面接し、心理技官も専門的見地から助言する。


作業場では、
受刑者が役割を分担する「自治会」制度があったが、
上下関係の意識を生みだしていたとして、
新たに係活動の形に変え職員も関与する、ようにする。


以上の案は、
もともとの開放的矯正施設の設置目的から判断した
本質的問題解決策です。


「そんな施設やめてしまえ」「塀を作れ」などの
短絡的問題解決にならなかったのは
たいへん良かったと思います。


別項の「運動会は負担がたいへんだから午前で終りにする」
とは真反対のアプローチです。


なぜ真反対の方向性が示されるのでしょうか。
それは誰の意見か、ということです。
運動会の方は、
一部の偏った「大衆」の意見に振り回されているのです。


こちらは、良識ある法務省の委員会です。


ただし、これから先の不安もあります。
この委員会の意見は、「べき論」理想論です。


実際にこれを実現するとなると、
コストの負担だけでなく、施設の職員の負担も増えます。
現実にこの案どおり実現できるかどうかは未知数です。


でも先ずは、方向性を誤らなかったのは、
一安心でした。
今後に期待しましょう!!

運動会が時短ですって!!!


【このテーマの目的・ねらい】
目的:
 運動会の「時短」について考えていただきます。
 負担は意義・効用(目的・ねらい)とのバランスで考えるべき
 という事例としてご研究いただきます。


ねらい:
 一方的判断で事を動かすのはやめてほしいですね。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
6月5日の日経新聞社会面のトップに
大きく以下の記事が載っていました。


運動会「午前だけ」急増 小学校で時短化
   入場行進なし/種目数少なく
    授業数確保や共働き配慮


急増と言うので、どれほどか?と思い読んでみました。


全国的なデータは示されてなく、
札幌市  201校のうち82校が午前のみ、午前だけは昨年の3倍になった。
愛知県安城市  21校のうち9校が午前中で切り上げた。
の例が示されていただけです。


運動会の時短化は全国的な傾向。
特に今年度は午前中だけの開催が目立った。
ということは書かれていましたが、全国的な状況は分かりません。
(日経新聞の意図はどこにあるのでしょうか)


時短化のための工夫として、以下が紹介されています。
 開会式の入場行進をなくす。
 玉入れはなくす。
 競技の入退場の時間を減らす。
 徒競争のコースを5から6へ増やす。
 徒競争を低学年だけにする。


なぜ、時短化かというと、学校側の言い分はこうです。


20年度実施の新学習指導要領で、
「外国語活動」の導入などで授業の負担が増し、
運動会の準備に避ける時間が減る。
今から試行しないと2年後に間に合わない。
(ある札幌市の小学校の教頭の意見)


安城市ではホームページで
「共働きの夫婦、母子・父子家庭などの負担に配慮し、
弁当の必要のない午前中だけの運動会をお願いします」
という保護者の意見を公表しました。


保護者から
「弁当作りや場所取りなど負担が大きい」という意見が
寄せられていたという。


かたや、
楽しみにしていた競技や種目が削られることを
残念がる児童もいる。
安城市の教育委員会では、
「多くの声を聞きながら、一番良い形を模索していく」と話す。
となっています。


結びの教育評論家の尾木直樹氏の意見はこうなっています。


「運動会はみんなで持てる力を出して成果を得る
という重要な役割がある」
練習も含めて時間を削るなら
「競うだけでなく、運営も児童が担うなど、
運動会のかたちを見直すことも必要」


ここから私の意見です。
尾木さんの言われるとおりで、
運動会は何のために行うのかの意義・目的が重要です。


その意義・目的と実施のための負担をバランスにかけて
判断すべきで、
一方的に主催側の負担を減らすという方向は
いかがなものでしょうか。


クレーム的な意見があるとすぐにそれに従うのは、
日本の、特に地方行政レベルの弱点です。
モンスター・ペアレンツはごく一部なのです。
その意見に従うのは、多くの人の満足を奪うことになります。


「弁当の負担がたいへん」などは、論外です。
母子だろうが父子だろうが、
大事なイベントでの自分の子どものための
労を厭うことがあってはならないでしょう。


その発想だと、
先日の目黒の幼児虐待死事件につながってしまいます。


むしろ、生活保護者とかで
まともな弁当を作ってあげられない家庭もあります。
それだとその子どもはかわいそうですので、
残念ですが、弁当はやめて給食にするとかすればよいのです。


実際にそうしているところもあるようです。
なぜか、最近弁当方式が復活してきているようですが。


「弁当のために運動会が午前で終り」
などは考え方として論外でしょう!!


負担は
得られる効用・価値とのバランスで考えるべきものです!!


因みに、運動会の準備の負担がたいへんなら、
そのやり方の改善もありますが、
むしろ授業時間を減らせばよいと思います。
運動会の練習時間はそのくらい価値があるものです。


あるいは、練習時間のことを考えて
年間の授業時間を設定すればよいのです
(おそらくそうなっているのだと思いますが)。


  
  

2018年5月30日水曜日

アリストテレス・モデルによる因果関係分析を始めます!!

【このテーマの目的・ねらい】
目的:
 因果分析を行う際の枠組み(フレーム)とすることができる
 「アリストテレス・モデル」をご紹介します。

ねらい:
 「なかなか面白いモデルだ」と応援してくださいませんか。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
私は、先月のブログ「物事のなぜ」で、
アリストテレスが元祖の因果分析方法について述べさせていただきました。

その後、この方法は
問題解決・因果分析に力を入れてきた私の研究の集大成に繋がるのではないか
と思い至りました。

そこで、これからこの因果分析方法をアリストテレス・モデルと命名し
取り組んでいくことにしました。
本項では、アリストテレス・モデルとは何かのご紹介をいたします。


1.アリストテレス・モデルとは  

アリストテレス・モデルは、
古代ギリシャの哲学者アリストテレスが作った因果分析モデルが
ベースになっています


アリストテレスの考えた「原理」は、
因果関係を追求する際に適用するモデルです。

因果関係を問う言葉は「なぜ」です。


「なぜ」は二つの意味を持っています。
「なぜそうなるの?」は、原因を聞いています。
「なぜそうするの?」は、目的を聞いています。


因果関係で言えば、前者が原因を聞いていて、
後者は結果を聞いています。
まったく逆のことに同じ言葉を使うのは、
考えてみれば不思議なことです。


子供は「なぜ?」と言わずに「どうして?」と言いますが、
「なぜ?」と同じに2面性を持っています。

子供が「どうして?」と聞くのは、
言葉が使えるようになってすぐに使う言葉です。
「どうして?」「どうして?」と聞いて母親を困らせます。


状況によって、原因を聞いているのか、
目的を聞いているのかは分かるのですが、
改めて聞かれると親も返答に困ってしまうこともあります。


2面性は英語の「WHY?」でも同じことです。
ご存じのように、英語で目的を聞いていることをはっきりしたい場合は、
「What for」を使います。


「なぜ」の2面性のためか、
原因と結果をごちゃごちゃにする、因果分析が苦手な人もいます。

「なぜなぜ5回」は、
「なぜ?と5回原因を聞きなさい」ということなのですが、
その苦手な人は、「なぜ?」と自問している時に、
途中で結果の方を考えてしまうことがあるのです。


原因と結果というのは、
簡単なことのようで案外難しいということです。


赤ん坊が聞くくらい、「なぜ?」は人間にとって根源的な問いですから、
太古の人類から「なぜ?」は追求されていたようです
(ピーター・ラビンズ著「物事のなぜ」英治出版)。


そして、因果関係について体系的な分析モデルを考えた元祖は、
あのアリストテレスだったのです(これも前掲書)。


アリストテレスが考えた分析モデルはこういうものでした(前掲書)。


アリストテレスの分析モデル

アリストテレスの用語

定義

ゼウスのブロンズ像における例示

 質量因

本来備わっている
元からあった

青銅の材料と、人の肉体を細かく表現するのに適した材料の配合比率

 始動因

始動する
誘発する

彫る職人と、その職人が発揮する技量

 形相因

体系的
相互作用に関わる

理想の肉体と、それを理想的に表現するという概念

 目的因

理由
目的

理想の肉体を称賛するとか、神の被造物を称えるなど、像を存在させる目的


この4分類は、論理的な整理法としてたいへん有効だと思われますが、
多少分かりにくい点がありますので、私が以下のように改変してみました。

上野モデルの名称

内容

アリストテレスが付けた名称

目的因

当事者の目的・意図

目的因

環境因

問題が起きた、または起きる環境条件
前提条件と言ってもよい

質料因

間接因

直接因を起こした、または起こす原因・要因
直接因の当事者の状況

形相因

直接因

問題が起きたまたは起こす直接動作または発生事象
事を起こしたまたは起こす引き金

始動因


この分析モデルは、発生した事象や問題の原因を探求する場合に使えますが、
前向きに「どうすればうまくいくのか」と成功要因を探求する場合にも、
適用が可能です。


そのために、目的原因、環境原因、間接原因、直接原因と言わずに、
目的因、環境因、間接因、直接因ということにしました。
アリストテレスの原型もそうなっています。

前向きの場合の「因」は、原因の因ではなく、要因の因です。


以下の例示をご覧ください。


【原因分析の例】


原因分析の場合は、対策を検討するのが目的ですから、
この例示でも対策を合わせて表示しました。


原因分析の例1 5/7滋賀県で小1女児が側溝で溺死


要因区分

要因

対策

目的因

下校時に流水で遊ぼうとした。

登下校時に寄り道や遊びをしないことの徹底をする。

環境因

大雨のため増水していた。

側溝に入れるようになっていた。

人間は溺死するものである。

なし

側溝に蓋をかける(コスト負担あり)。

なし(風呂で溺れる老人がいる)。

間接因

足を滑らせた。


足を掬われたときに立ちあがれる体力がなかった。

近くに保護者がいなかった。

 

(側溝に入ってしまったら避けられない)

なし(通常の成人は側溝で流されない)

危険な状態の時は下級生には保護者が登下校に付き添う。

直接因

ランドセルを背負ったまま深さ・幅各約40センチの側溝で80メートル流された。

(間接因にしか対策はない。近くに大人がいれば80メートルは流されなかった)
                  
可能な対策は、現在もその指導はされているはずですが、
(目的因の対策)登下校時に寄り道や遊びをしないことの徹底をする、ことと
(間接因の対策)危険な状態の時は下級生には保護者が登下校に付き添う、
ことです。


しかし後者については、現実的な運用は困難ではないかと想定されます。
「何かあったら困る」と考えると負担が増大し
現実的には実施困難となります。
そうすると「災害は忘れたころにやってくる」になりかねません。


原因分析の例2 セクハラ事件 (汎用分析)
      斜体はTOKIOのY氏の場合



要因区分

要因

対策

目的因

男性が相手と特別な関係を持ちたいと思う。

常識・倫理感で抑える

 
環境因

男性は一般的に征服欲・好色欲がある。

女性は一般的に男性への依存心・信頼感がある。

Y氏は離婚している。

なし

 

なし

 


間接因

女性が二人きりの環境に入って来ている。

女性が何か自分に有利になることを期待している。

(将来の芸能関係活動に有利になることを期待)

女性が相手を甘く見ている(女性の経験不足である)

男性が相手の好意の意味を誤解している(男性の経験不足である)。

男性にHを避ける女性もいるという認識がなかった。(男性の知識不足である)

男性がセクハラに対する認識不十分である。

女性が的確に状況判断する

 

なし

 





女性が的確に状況判断する

 

男性が的確に状況判断する

 



男性が学ぶ



 教育指導する






 
直接因

セクハラ行為に及ぶ。

男性が相手の拒絶態度を誤解している(男性の経験不足である)。

(間接因にしか対策はない)

男性が的確に状況判断する。

このテーマに関心の強い上野の分析としては、
基本的には両者とも経験不足ということになります。

 

【成功要因探求の例】

今回は省略です。

―――――――――――――――――――――――――

【自然現象理解の例】

また、この分析モデルは自然現象を理解するのにも使えます。
この場合にも、「原因」でなく「因」の方が自然です。
対策は不要です。


1)リンゴが木から落ちる

因果類型

内容

対策

 目的因

種族の維持発展

(種が土に落ちて芽を出す)

 

 環境因

引力が存在する。

 

 間接因

リンゴが成熟している。

 

 直接因

リンゴの実が枝から離れる。

 

 
りんごが木から落ちるのは、万有引力があるからだけではないのです。


 2)川が流れる



因果類型

内容

対策

 目的因

水が低きに流れる。



 環境因

地表に高低差がある。

 

 間接因

水は流動性が高い。



 直接因

ある程度の水がある。

 

 当たり前のことですが、川が流れているのはこうなっているのです。


「川が流れる」の延長で、「洪水が発生する」というのがありますが、
これは単なる自然現象ではなく、人間が介入可能です。


実際に人間が対策をとっています。
対策は、環境因と直接因について可能です。
対策が不十分なときに、洪水が発生します。



3)洪水が発生する



因果類型

内容

対策

 目的因

水が低きに流れる。

奔流となって低きに流れる。

(洪水でも高きには流れない)

 

 環境因

地表に高低差がある。

高低差を緩くするように迂回させる。

 間接因

水は流動性が高い。

大量の水は力がある。

 

 直接因

大量の水がある。

 

水が堤防を破壊する。

大量の水が流れないようにダムを作る。

堤防を強化する。



4)尿が出る

因果類型

内容

対策

 目的因

老廃物を排泄する。

 

 環境因

体の機能維持のために水分を補強する。

老廃物が血液に乗って腎臓に至る。

 

 間接因

腎臓が尿を生成する。

尿管が尿を膀胱に送る。

膀胱は尿を貯める。

膀胱は尿を尿道に送る。

 

 直接因

尿道の出口が解放される。

 

 

 
環境因から直接因までのどこかが不良だと、
尿が出ない病気になります。



尿道の出口の解放が意図しない場合は「おもらし」となります。

 
5)生物の進化



因果類型

内容

対策

 目的因

生物の種族維持・発展

 

 環境因

環境が変化する。

 

 間接因

環境適応性が高い個体は生き延びる。

環境適応性が低い個体は淘汰される。

 

 直接因

DNAの突然変異が起きる。

 



現時点の進化論はこれで決着のようです。
ダーウィンは直接因を漠然と遺伝的事項ととらえていました。
環境適応性が個体の中で留まり子孫に継承されないものは
進化ではなく順応です。


2.アリストテレス・モデルによる個人の行動改善


今後私はこの領域を探求しようと思っています。


テーマ例だけ掲載します。

三日坊主(ダイエット、禁煙)
見て見ぬふり
自分の意見を言わない
なんでも人に同調する
なんでも反対する
自己主張が強すぎる
恥ずかしがりや
挨拶ができない
おはようが自然にでない
ありがとうが自然にでない
ごめんなさいが自然にでない
先延ばし
夫婦げんか





今後、他の領域の分析事例を含め順次ご紹介していこうと思います。
ご期待ください。