2018年12月10日月曜日

犬の糞の放置

【このテーマの目的・ねらい】
目的:
 犬のフンの放置問題について考えていただきます。
 どういう人が放置をするのか考えていただきます。
ねらい:
 そういうことが無くなる社会になってほしいですね。 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
12月8日の日経新聞夕刊に、
次の見出しの記事が載っていました。


フン放置 チョークで撲滅
黄色い丸で警告 「みているぞ」
全国自治体で広がる


犬の糞の放置にみんながフン慨しているという記事です。


私は、毎朝我が家の周りの道路2本、
実際には辻で分かれていますので4本の道路を掃除しています。
今は落ち葉が多く1時間近くかかります。


その道路にときどきフンが放置されているのです。
我が家の前に結構広い公園がありますが、
その中にも放置があるのです。


「とんでもないことだ!見つけたらただではおかないぞ」
と思うのですが、
人が見ている時には、放置はしないのです。


犬の散歩をする人は皆フン収容用の袋・バッグを持って歩いています。
持っていない人はいないのです。
それでも放置があるということは、
袋を持っていてもそれを使わず放置するということです。


そういう人は犬を飼う資格はないですね。
どういう考えなのだろう?と考えます。


年寄りで屈むのが大変苦痛という人もいるかもしれません。
そういう人用に
ステッキ兼フン収容器になるような道具を作って売ったらどうか、
などと考えたこともありました。


いずれにしても他人の迷惑になると分かっていてする人は
どういう人なのだろう?
(その方々に申し訳ないですが)日本人ではないのではないか?
などと考えてしまいます。


この記事で、フンの放置がイヤで何とかしたいと思う人たちが、
全国区でおられることが分かりました。
ますますフン慨です。


ところが、この記事の程度の対策で減るということは、
また不思議です。
ますますその犯人像が謎になってきます。
どういうことなのでしょうか。


この記事全文を以下にご紹介しますので、
皆様も考えてみてくださいませんか?
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

'路上に放置されたフンを、黄色い丸で囲んで警告――。
犬のフンヘの苦情が寄せられる全国の自治体で
こんな対策が広がり始めた。


「フン害」を視覚的に目立たせることで、
飼い主に迷惑行為を自覚させる。
「イエローチョーク作戦」で
放置がほぼなくなった自治体もある。


「フンを見つける方が難しいくらい、きれいになった」。
東京都小平市で11月26日、
セラピードッグ(治療犬)の被災地派遣などを行う
NPO法人「ぶる―べりー愛犬ふぁみリー協会」(同市)
の会員約10人が犬を散歩させながらフンを探した。


見つけたら貢色いチョークで
周辺の地面を丸く囲み時刻を書き込む。
この日は約20分で2カ所に丸を付けた。


同協会は小平市の要請を受け、今年3月から活動を開始。
約20人の会員が大の散歩中などに活動に取り組む。


日課にしているという佐々木邦夫理事長(57)によると、
当初は30分に1020ヵ所は丸で囲んでいたが、
続けるうちに徐々に減少。


「『見ているぞ』と警告できる。
開始から1カ月ほどで1個もない日の方が多くなった」と喜ぶ。


同市ではこれまでフン被害の相談に訪れる市民に
放置を警告する縦20センチ横30センチほどの
看板を配布していたが、
看板を取りに来るのは毎年400件前後で一向に減らなかった。


「毎日同じ場所にある看板は目に付きにくい。
日付も書けるチョークならより強い警告になるのではないか」
(環境政策課)と考え、同協会に協力を求めた。


作戦のアイデアは
京都府宇治市環境企画課主査の柴田浩久さん(52)が
2016年に編み出したものだ。
警察が違法駐車の取り締まりをしている様子を見て
「応用できる」とひらめいたという。


それまではフンを片付けると、
1日で45リットル入りゴミ袋が
くつも満杯になる地域があった。


16年1月、
希望する市民にチョークを配って協力してもらうと、
翌17年にはフンの放置はほぼなくなった。


黄色のチョークは夜でも目立つほか
「イエローカード」にちなんで警告の意味合いを込めた。
フンはそのままにし、
散歩などで再び通りかかった飼い主に気づかせ、
責任を自覚させる。


「周りに見られていると意識すると、
放置しにくくなるようだ」と柴田さん。
現在はたばこのポイ捨て対策にも効果を発揮しているという。


黄色の線は雨で自然に消え、ゴミも出ない。
費用もチョーク代だけだ。
手軽に効果が得られると評判となり、
各地の自治体が取り入れている。


これまでに神奈川県大和市や大阪府島本町、
愛知県長久手市などが導入した。
長久手市は毎月50本ほどのチョークを配布しており、
担当者は「市民の力を借りて美しい街を保っていきたい」
と話す。




RPAと昔の「業務機械化」はどこが違う?

【このテーマの目的・ねらい】
目的:
 RPAって何だろう?と考えてみます。
 昔の「業務の機械化」と比較してみます。
ねらい:
 「抜かればうまくいかない」のは昔も今も変わらないことを
  納得していただきます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
RPA,RPAと騒いでいますが、
ただの「業務の機械化」ではないか、という批判について
検討してみました。


ご存じでしょうが、RPAとは
Robotics Process Automationプロセス自動化ロボット
の略で、今もてはやされているデジタル化の一環です。


こまごました処理のために、
これまでコンピュータ化の対象にならずに、
せいぜいExcel等で処理されてきた事務を
機械化するものです。


コンピュータ処理の前段の入力処理だったり、
中間または後工程の加工分析処理だったりします。


60年前に、ビジネスにコンピュータ利用が始まった頃に、
コンピュータ化の対象になったのは既存業務の機械化でした。
機械化して引きあう大量処理が対象です。


私がT社で経理部に配属された1961年には
経理業務は機械化されていませんでしした。
その頃の基準では、大量処理ではなかったのです。
じきに機械化の対象となりましたが。


「機械化」は、
それまで人間が手作業で実施している業務を
そのままコンピュータに置き換える、
ということで使われた言葉です。


今のRPAはそれと同じではないか、
なんでロボットと言うのか、というのが冒頭の疑問です。


違いはこういうことです。


業務の機械化とRPAの比較

 


業務の機械化


RPA


業務の分析


人間


人間


システム設計


人間


自動


プログラム作成


手作り


自動


マニュアル化


人間


人間

一部自動


利用者教育


人間


人間


フォロー


人間


人間


評価


人間


人間


 
昔の「機械化」は
システムやが業務を分析しその処理を定義(設計)し、
プログラミングを手作業で行い、
コンピュータ処理させていたのです。


RPAは、それ用の市販ソフトウェアがあり、
そのほとんどがシステム作りを自動化する機能を持っています。
人間のExcelなどでの処理を見て、
そのままを自動処理するソフトウェアを作ってくれるのです。


ロボットと言われるゆえんです。


共通しているのは、大きく言えば、
その業務が機械化またはRPAに向くかどうかの分析
が必要なことと、
利用者教育や実行のフォローを怠ると使われない、という点です。


昔の「機械化」では、
その処理が不十分だと現場で使ってもらえずに、
手作業がそのまま残る「二重処理」、ということがありました。
RPAでも同じことです。


昔の機械化の苦い経験が今でも再現しているのです。


全体的に見ると、
コンピュータを利用するプロセスで
自動化されている点はありますが、
やはりその本質は昔の業務の機械化と同じだ、
ということになります。
抜かればうまくいかないのです。


RPAの実践に関心のある方は、
日経コンピュータ誌2018.12.6号「特集 RPAの格言」を
ご参照なさるとよいと思います。

2018年12月9日日曜日

「朝食抜くと太る」?

【このテーマの目的・ねらい】
目的:
 「朝食を抜くと太る」ということが証明されたという記事の
  いい加減さを追求します。
ねらい:
 少し、揚げ足取りをしてみただけかも?
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
日経新聞11月2日の夕刊に以下の記事が載っていました。
全文掲載いたします。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
朝食を抜くと、
肝臓での脂質代謝や体温に関する対内時計が乱れ、
エネルギーの消費が滅って太ることを、
名古屋大の小田裕昭准教授(時間栄養学)らの研究チームが
明し31日付の米科学誌に発表した。



朝食を抜くと
肥満やメタボリック症候群、糖尿病などになりやすい

ことが知られているが、その仕組みは分かっていなかった。
小田准教授は「朝食は体内時計にとって最も重要な食事。
朝食を勧める科学的根拠が示せた」と話している。

チームは夜行性のラットを2グループに分け、
12時間ごとに照明を暗くしたり明るくしたりしながら
脂肪を多く合む餌を与える実験を2週間行った。
暗い時間帯が人間の日中の活動時間帯に当たる。     ,

一方のグループには暗くしたと同時に餌を与え、
もう一方には朝食を抜いたのと同じ状態になるよう、
4時間遅れて餌を与えた。

すると、食べた量と運動量はほぼ同じだったが、
朝食抜きのグループは、もう一方のグループより
内臓脂肪が増え、体重の増加量も5グラム多かった。

肝臓で脂質の代謝に関わる遺伝子や、
体内時計をつかさどる一部の遺伝子が
働く時間がずれていたという。
体温は両グループとも食べ始めると上昇し、
明るくなると下がった。


朝食抜きだと体温が上がっている時間が短くなり、
消費するエネルギーが少なくなったとみられる。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
これについて、皆様はどう思われますか?


「朝食は大事なので食べた方が良いですよ」
というご意見は分かりますが、
この実験は、
単に「食事をする間隔が長いと太る」
ということなのかもしれません。
現に、
お相撲さんはまとめてドカ食いして太るじゃないですか。


活動開始時間よりも遅れて食事を与えると太る
ということは言えていますが、
もう一つ、活動開始後4時間経って食事を与えた場合と、
8時間経ってから食事を与えた場合の差
を確認してほしいです。


あるいは、
明るい状態でえさを与える場合との比較
も行う必要があるでしょう。


そうしないと、1日の摂取栄養量は同じでも
活動開始時間直後(朝)に食事をしないと太る
という証明はできませんね。


この記事は、「結論ありき」の「陰謀」だと思われます。


因みに、私自身は朝食をきちんと食べる派です。



2018年の流行語、なぜ寂しい?






【このテーマの目的・ねらい】
目的:
 今年の流行語大賞不振の理由を考えてみます。
 今年起きたことをふり返ってみます。
ねらい:
 今年のことを思い出しましょう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
昨年の流行語大賞は、
多くの人が「今年は何だろう?」
と興味が湧くほどの盛況でした。
ご承知のように「忖度」の圧勝でした。


ところが、今年は「そだねー」が大賞でした。
この言葉にしても、ほんのいっとき使われた程度で、
流行語大賞というにはお恥ずかしいレベルです。


今年のベスト10の言葉は、以下のとおりです。
そだねー
eスポーツ
(大迫)半端ないって
おっさんずラブ
ご飯論法
災害級の暑さ
スーパーボランティア

奈良判定
ボーっと生きてんじゃねえよ!
#MeToo


恥ずかしながら、私が知っていたのは、
「eスポーツ」くらいで、これも
「なんでeスポーツなんてものが流行るのか」
と思っていた程度のことです。


なぜ、今年は本格的な流行語が少なかったのでしょうか。
たまたまとも言えますが、流行語がないということは、
何か原因があるのではないかと考えてみました。


昨年の流行語大賞は以下のとおりでした。
「35億」、「ひふみん」、「Jアラート」、「睡眠負債」
「フェイクニュース」、「プレミアムフライデー」
「魔の2回生」、「○○ファースト」でした。


私が知らなかったのはなかったのです。
強いて言えば、睡眠負債は流行語的だったのか?
と疑問があった程度です。


こうして見ると、昨年はやはりいろいろなことがあったのです。
都民ファーストが最後の方に来るくらいですから。


今年の流行語の少なさを分析してみましょう。
まず芸能界関係では、昨年圧倒的知名度だった「35億」に対して、
今年は話題になったことがなかったのは、
確率の問題でしょう(毎年大ヒットがあるわけではない)。


社会問題では、話題になったことがないわけではありません。
スーパーボランティア
 これはビッグニュースでした。
 名前ははっきり覚えられませんでしたが、
 ある「おじさん」が30分で迷子の2歳児を見つけ出したことは、
 日本中の話題になりました。


 2日間捜索をした人たちの顔が丸潰れでした。
 先入観の恐ろしさと卓見の素晴らしさを
 見せつけてくれた事件でした。


 そのおじさんのことをスーパーボランティアと称したようです。
 今年の流行語ではなく、今年の事件ということだったら、
 間違いなくトップだったのではないでしょうか。


奈良判定
 この話題は、
 次から次へと露呈するスポーツ界の不祥事のとどめをさした
 日本ボクシング連盟の山根会長のパワハラ・エコひいき疑惑です。
 奈良県出身者をひいきするということでした。


 その事件は知っていましたが、
 奈良判定という言葉はまったく聞いたことがありませんでした。


以下はどちらかと言えば、ニッチネタです。 


ご飯論法
 そもそもご飯論法の言葉の意味を今まで知りませんでした。
 「朝ご飯食べましたか?」
 「ご飯(米)は食べてません」
 とはぐらかす質疑のことを言うようです。


 法政大学キャリアデザイン学部教授で、
 国会パブリックビューイングの活動を通じ、
 不誠実な政府答弁が横行する国会審議を広く世間に知らしめている
 上西充子氏と、
 ブロガー・マンガ評論家である紙屋高雪氏が発案・命名した、
 とのことです。


#MeToo(ミートゥー)
 「私も」を意味する英語ハッシュタグ(#)を付したSNS用語。
 セクシャルハラスメント性的暴行の被害体験を告白・共有する際に
 ソーシャル・ネットワーキング・サービスで使用される。
 「Me Too」「#metoo」なども用いられる。
 欧米では、被害を告発する「私も」運動と、
 被害の撲滅を訴える「タイムズ・アップ(Time's Up)」運動が存在するが、
 日本においては混同され「#MeToo」のみが用いられている。
 (出典:Wikipedia) のだそうです。
 私は知りませんでした。


おっさんずラブ
 テレビドラマ・ソースネタで、ホモ(LGBT)の関係をとりあげて
 話題になったようです。


ボーっと生きてんじゃねえよ!
 珍しくNHKの雑学クイズ番組「チコちゃんに叱られる」のネタです。


 「いってらっしゃーいってお別れするとき、手を振るのはなぜ?」
 「かんぱーいってするときにグラスをカチン、あれはなぜするの?」
 こんな、5才のチコちゃんが問いかける素朴な疑問に

 あなたは答えられますか?
 知らないでいると、チコちゃんに「ボーっと生きてんじゃねーよ!」

 と叱られます。
 
 ということのようです。
 








これら以外にも社会的に話題・問題になったことがありました。


貴乃花関連の話題 (彼の行動は不可解・謎でした)
昨年から続いたスポーツ界の暴力・パワハラ問題
 (レスリング以外にも)
働き方改革 (これは大きな広いテーマです)
総裁3選 (新聞等ではずい分紙面を使っていました)  
トランプ流 (プラスマイナス両方の評価のある独断) 


「トランプ流」を除きますと、
流行語的に使うということができにくいことだったのでしょう。


昨年の「魔の2回生」のように、
マスコミ界からキャッチフレーズが誕生しなかったのです。
我を通すのを「貴乃花的」という言葉ができても良かったと思います。


スポーツ界の暴力・パワハラ問題は、
日本人としてあまり嬉しくない話題なので
取りあげられなかったのでしょう。


その意味では、
製造業の現場での不正問題についても同じことが言えます。
これは本当は、日本人の自信を根底から揺るがす大問題なのです。
隠しておきたいことは流行語に登場しないということです。


「パワハラ」は流行語になってもおかしくない位
いろいろな世界で紙面に登場しましたが、
新しくないということで入っていないのでしょうね。


結局のところ、
事件は結構ありましたが心底嬉しくないことが多かった、
ことが寂しい流行語大賞になったのだと言えそうです。



















2018年12月7日金曜日

結局、割を食ったのは日馬富士か。

【このテーマの目的・ねらい】
目的:
 日馬富士の「暴行」事件を再考してみます。
ねらい:
 単純な「暴力否定論理」で片付けよう
             とするのはやめましょう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ご存じ、日馬富士は貴の岩に対する暴行で
引責引退のはめになりました。
今度はその貴の岩が、
付け人に暴行して引退のはめになりました。


自分への暴行事件で、あれだけ騒がれたのに、
今度は自分が暴行した貴の岩は、
これはもうバカとしか言いようがないでしょう!


こうして見ると、
日馬富士事件の時の貴の岩の態度は
日馬富士の激怒を買うかなりの非常識だったのではないか
と想定されます。


とにかく暴力はいけないと一方的に糾弾され、
引退に追い込まれた日馬富士はさぞ無念だったでしょう。
あの時は、弁解など許さないという流れでしたからね。


今さら日馬富士の復帰などということは考えられませんが、
優秀な横綱を引退に追い込んだマスコミもバカと言いたいです。


単純な暴力否定論理で追い詰める
マスコミや「世間」の態度にも腹が立ちますね、私は。

2018年11月27日火曜日

プーチン大統領のロシア国民の評価は?

【このテーマの目的・ねらい】
目的:
 プーチン大統領に対する
  ロシア国民の支持がどうなっているかを確認します。
ねらい:
 北方領土返還交渉はどうなるのでしょうね。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
本項は、學士會会報2018-Ⅵ号掲載の
雲 和広一橋大学経済研究所教授による
「ロシア経済を取り巻く環境変化」のご紹介です。


多くの日本人にとって、
ロシアに関する関心事は北方領土以外にはありません。
その帰趨を握っているのは、大物のやり手プーチン大統領です。


阿部首相が頑張っていますが、
阿部首相の説得力でプーチンが動く、
ということはあり得ないでしょう。


それでは、プーチンはどう考えるのだろうか、という情報が
日本国民にとっては必要です。


「戦後70年以上経って、
自国民が1人も住んでいない領土を返せというのも例のないことだ」
という誰かのコメントも気になることではあります。


雲教授の主な論点は以下のとおりです。


1.2000年代初頭から半ばまで、ロシア経済は原油依存で、
 原油価格の上昇と軌を一にして急成長をした。


2.2014年のクリミア併合に対する西側諸国の制裁の影響もあり、
 2015年には国内総生産年間成長率がマイナス3.7%まで落ち込んだ。


3.その後、原油価格の回復とルーブル減価等により
 2018年には実質可処分所得も増加に転じた。


4.しかしその間一貫して、
 政権・プーチンに対する支持は高いレベルを維持していた。


5.支持率の高さを支えたのは、教育水準が高く、所得の高い層の
 愛国心の高まりであろうと推定される。


 所得階層と支持率の正の相関がある。
 年齢階層と支持率も正の相関がある。
 村落での支持率は低下したが
 社会のエリート層や軍関係者の支持は強化された。


6.ところが、2018年6月に年金改革の一環で、
 年金給付開始年齢の引き上げが発表されると
 (男性は現在60歳を2028年迄に65歳、
 女性は現在55歳を2032年迄に63歳とする)
 政府およびプーチン大統領に対する支持は急落した。


7.経済制裁に伴って実際に生じた経済の停滞が
 政権支持率に否定的影響を与えず、
 10年以上先に現実化する社会福祉政策における給付縮小の意向が
 政権支持率を大きく低下させる、ということは、
 それ自体興味深いものである。
 (上野注:それはそうですね)


8.(結論として)
 強権的と指摘されることの多々あるロシア・プーチン政権であるが、
 その足下は存外強固なものではないのかも知れず、
 世論の動向を見ながら手探りの経済運営を続けていく必要は
 かえって大きいとも考えられよう。


以上です。
ということは、残念ながら日ロ交渉においても、
プーチンの独断で日本に譲歩する期待はあまりできない、
ということになりましょう。


危機的状況の日本の「下層階級」

【このテーマの目的・ねらい】
目的:
 現代日本の「階級」はどうなっているのかを認識していただきます。
 「下層階級」は1000万人近くもいて、生活苦に喘いでいるのです。
ねらい:
 高齢単身者世帯も1割を超えたと言いますし、日本はどうなるのでしょうか。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
本項は學士會会報2018-Ⅵ号掲載の
橋本健二早稲田大学人間科学学術院教授の「日本の新しい階級社会」
のご紹介です。


日本には新しい下層階級(「アンダークラス」という)ができている、
という主張です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
一時は「1億総中流」とか言われて日本には階級は存在しない、
ということになっていましたが、それは過去のことになったのです。
実は、1980年前後から格差拡大が始まっていることを
データで示されています(掲載省略)。


その上で主張される新しい下層階級とはこういうことです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


日本の階級構造には、近年になって大きな変化が生まれている。
非正規労働者が増加した結果、
労働者階級内部の格差が拡大したからである。


とりわけ1980年代以降になると非正規労働者が、
学生アルバイト、パート主婦、定年後の嘱託などのように
人生の1時期のみの存在ではなくなり、
学校を卒業した直後、
あるいはさほど期間を置かずに非正規労働者となり、
中高年になるまで非正規労働者であり続けるケースが増えた。


このため労働者階級が、
正規労働者と非正規労働者へと
上下に二分されるようになってしまった。


こうして階級構造の底辺に、
低賃金で雇用が不安定な新しい下層階級が形成されることになった。
これをアンダークラスと呼ぶことにしたい。


アンダークラスの実態を実証的に明らかにするためには、
これを数量的に把握可能な形で操作化することが必要である。


パート主婦と非常勤の管理職・専門職を除く非正規労働者を
アンダークラスとみなし就業構造基本調査からその規模を推計すると、
実数で928.6万人、全就業人口に占める比率は14.0%に達する。


2002年にはそれが709.8万人だったから、
わずか10年間で218.8万人も増加したことになる。


図表2は、その特徴を他の階級と比較したものである
(ただしこの表のアンダークラスからは、
年金を受給している人の多い60歳以上を除外した).

労働時間はアンダークラスがいちばん短いが、
それでも平均週36.3時間で、
内訳をみると過半数が週40時間以上働いている。


個人収入はわずか186万円で、貧困率は実に38.7%にも達し、
31.5%は資産をまったく持たない。


そして男性では有配偶者はわずか25.7%で、
66.4%までが未婚である。
経済的に苦しいため結婚できない状況がよいわかる。


生活に満足している人の比率、自分は幸せだという人の比率は、
いずれもきわだって低い。


衝撃的なのは
いじめにあった経験をもつ人が31.9%にも上っていることで、
学校教育からの排除が
アンダークラスへの所属につながっていることがわかる。


また健康状態のよくない人の比率が高く、
うつ病など心の病気で診断・治療を受けた人は
20.0%にも上っている。


自民党支持率は際立って低いが、全体の7割近くは
支持政党がない。
彼ら・彼女らには支持できる政党がないのである。


極めて低所得で、貧困と隣り合わせで、
満足や幸福とはほど遠く、
肉体的にも精神的にも追い詰められ、
生殖という生物種としての基本条件すら満たすことができず、
政治からも疎外された人々、それがアンダークラスである。


格差拡大が40年も続いた日本の社会には、
すでにこのような人々が膨大な規模で出現しているのである。
危機的状況といわねばならない。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
氏の主張は若干極論の面がありますが、
そういうことがあることは確かなのでしょう。


アンダークラスの実態に関する氏の主張の根拠となっているのは、
SSM調査です。
SSM調査とは以下のようなもので、
こういう大掛かりな調査を実施しているグループがいる
ということは驚きです。


SSMとは、
Social Stratification and social Mobility(社会階層と社会移動)のことで、
この調査は1955年以来10年ごとに、
社会学者のグループ100人以上によって行われています。


全国800地点での20~79歳の
日本国籍を持つ男女15,000人強を対象にした
聞き取り方式による調査です(有効回答率は50.1%)。


「本事業は、独立行政法人日本学術振興会から、
特別推進研究事業(課題番号:25000001)として
助成を受けて実施しました」
というものの凄い手間暇のかかっている調査です。


こういう調査によって、橋本教授が説明される
アンダークラスの実態が明らかになっているのです。


話変わりますが、
2018年11月26日の日経新聞に
日本の単身高齢者世帯が全世帯の1割を突破し、
医療費・介護費厖大化の危機にあるという記事が載っていました。


アンダークラスとの重なりも多少あるのでしょうが、
この人たちもいわゆる社会的弱者です。


こういう社会的弱者が多い社会は、
単に少子高齢化社会である、というようなことでは片付けられない
大きな問題を抱えていることになります。


誰がこの人たち、
特にアンダークラスを何とかしようと力を貸すのでしょうか。
日本の社会は崩壊しないで済むのでしょうか?
どうしたらよいのでしょうか?