2013年4月21日日曜日

小型スーパーで焼き芋??

【このテーマの目的・ねらい】
目的
 小売業の業態について少し研究していただく。
 小売業の新しい業態に関心を持っていただく。

ねらい
 近所で小型スーパを探して行ってみていただく。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

わが社の近く小伝馬町に「マルエツプチ」という
小型の食品スーパーがあります。

50坪くらいありそうな店内は、
若干大きめのコンビニに生鮮野菜や果物を
少し置いているという感じのお店です。

店内はあまり面白くないのですが、
外側がなぜかゆったりしたスペースがあって
ベンチや椅子などがおいてあります。

その前になんと焼き芋を電気で焼く機械、
大きめの食器乾燥機という感じです。

近所がとても良いにおいがします。
私はそれにつられて立ち寄って、
孫娘のために焼き芋を買いました。
我が家族の女性3代は皆焼き芋が好きなのです。

孫は大きな芋を半分くらい食べる時もあれば、
一かじりで終りの時もあります。
気まぐれです。

焼き芋のついでに、
缶詰風プラスティック入りのパインやみかんなども買います。
これも気まぐれの対象になってしまいます。

このコンビニと食品スーパの中間業態は
ミニスーパとか小型スーパとかいうようですが、
明確な定義はないようです。

経済産業省の商業統計では、
業態の区分を表1のように行っていますが、
ここには、小型スーパやミニスーパの業態は登場していません。


(注1)
「セルフ方式」とは、売場面積の50%以上について、
セルフサービス方式を採用している事業所をいう。
 
(注2)
「取扱商品」の3桁及び4桁の番号は、日本標準産業分類の
分類番号に準拠している。また「衣「食「住」とは、
商品分類番号の上位2桁で衣(56)、食(57)、住(58~60)に
分類して集計したものをいう。
 
(注3)
「各種商品取扱店」とは「559その他の各種商品小売業」に
格付けされ、かつ、コンビニエンスストアの定義に該当しない
事業所であって「6その他のスーパー」はセルフサービス方式を
採用している事業所「9その他の小売店」はセルフサービス方式を
採用していない事業所をいう。

 -------------------------------------------------------------------------


この統計で、新業態が登場したのは、
2002年に「ホームセンター」と「ドラッグストア」が最後です。
統計側は、ビジネスの変化に即応はできません。

ビジネス側では、商業分類を意識して業態を考えるのではなく、
消費書のニーズがどこにあるかでいけそうなお店を出すのです。
統計が追い付けなくて当然です。
昔はこういうことはなかったでしょうね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
参考までに、小売りの各種業態の売上実績を示します。
経済産業省の商業統計表のデータなのですが、
なぜかいくら探しても最新が2007年版でした。























 
 注:それぞれ衣料品、食料品、住関連の区分がされていて
    その取扱い比率が90%以上が専門店、 
    50%以上を中心店という。 

 訂正:当表の「小型総合スーパー」は「中型総合スーパー」の誤りです。
 追って修正いたします。 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

小型スーパはイオンが先駆者で、
2006年3月に「マイバスケット」1号店を
横浜市に出店しています。

それから7年弱ですでに首都圏中心に300店あるのです。
小伝馬町近くにも2店あります。

マルエツプチは2009年からで、
現在54店が都心部にあるそうです。

店舗面積の標準モデルは、
 小型スーパ 150㎡~200㎡程度
 コンビニ   130㎡程度
ですから、コンビニより少し大きめで
その分で生鮮物を揃えているのです。

コンビニとのすみ分けは、こういうことのようです。

コンビニが通りすがりに利用する
まさに便利な店、その代わり安くはない。

小型スーパは
目的を持って来店し「安い」食品を買っていただくので、
必ずしも便利な表通りになくてもよい。

食品スーパは、
我が家の近くにその典型的なお店であるオオゼキがあります。
商業統計でも250㎡以上とありますように、
それなりの広さがあります。

食品の専門業態ですから
生鮮品の品ぞろえ・鮮度・品質が主婦たちに評価されています。

したがって、小型スーパは、
近場でそこそこのものがある、ということが売りでしょう。

コンビニは、
飽和状態ではないかと言われながら、
13年度に大手5社で4000店新設を計画していると言います。、

コンビニの2012年末の店舗数は47,801店ですから、
年間1割以上の増加率です。凄いですね。
取扱い領域もドンドン増やしていっています。

このあたりの戦争はどうなっていくのでしょう。

 

2 件のコメント:

  1. ●よく分析されていて大変勉強になりました。
    ・有難うございました。
    ●商業統計は最新が2007年版で合っているようです。
    ・下記が経産省からのお知らせです。
    ------------------------------------------------
    「平成21年商業統計調査」は、経済センサスの創設に伴い中止となっており、 平成24年2月に実施する「平成24年経済センサス-活動調査」の中で商業に関する調査事項も把握します。
    次回の商業統計調査は、平成26年に実施する予定です。
    ------------------------------------------------

    ●ところで、下の方に掲示されている表の「小型総合スーパー」は「中型総合スーパー」の間違いではないでしょうか?

    返信削除
  2. 木村様
    ご指摘ありがとうございます。
    仰せのとおり、「小型総合スーパー」は「中型総合スーパー」の誤りでした。
    申し訳ありません。アシスタントが休暇中のため、追って修正いたします。

    返信削除