2014年6月2日月曜日

MIND-UP!SHAPE-UP!JUMP-UP!

【このテーマの目的・ねらい】
目的:
 当社の新しいキャッチフレーズを知っていただきます。
 実現しようとしている新しい事業シーズを知っていただきます。

ねらい:
 今後、具体化してお知らせしてまいりますので
 よろしくお願いいたします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

MIND-UP!SHAPE-UP!JUMP-UP!


(注:実は当初はSHAPE-UPではなく,WIND-UPでした。
 WIND-UPは企業の場合は清算という意味がある
 と聞きましたので変更しました)


これは、MIND-SAの30年間を経験した
現システム企画研修㈱社の次の30年間を目指す
キャッチフレーズです。

1.MIND-UPは個人が対象です。

 UPはMIND-SAのUpgrade版であるという意味と
 MIND(心)を強くする、磨き上げる
 という意味を持っています。

 それは、
 各人の頭の中に眠っている潜在能力・潜在意識を引き出して、

 負けそうになっている精神状態を前向きにする、
 自分の目標を見出してそれを実現する方法を考えるようにする、
 新しい製品やサービスのアイデアを見つけだす

 などを行うのです。

 システム企画を検討する際に革新的なアイデアを出して、
 従来型のMIND-SA企画手法に繋げるなども可能です。

 従来このような潜在意識への働き掛けは、
 ビジネス領域以外ではそれなりに行われてきているのですが、
 ビジネス領域で活用するのは画期的なアプローチです。

 http://www.newspt.co.jp/data/mind-pd/mind-pd_0.pdf

 そこで、「そんなこと本当にできるのか」というのが
 大方の認識でございましょうから、
 「まずはご体験ください」という無料紹介セミナを継続してまいります。

 直近で6月6日に開催します。
 まだ多少のご参加枠がございます。

 http://www.newspt.co.jp/data/semina/mind-pd.pdf
 

 ご関心ある方は是非どうぞ!!




2.SHAPE-UPは企業が対象です。

 SHAPE-UPは、「強靭な体質にしよう!」
 という意味です。



 現在各社の情報システムはかなりの年数使用してきて
 老朽化しています。

 それでも我慢して使っておられるのは、
 システム再構築の費用がとてつもなく高いのと、
 思ったとおりにでき上がらないリスクがあるからです。

 そこで、当社では、
 連携企業であるソフトウェアジェネレーション(SG)社と組んで、
 従来方式の2分の1の費用で実現できる再構築システムを
 検討・開発中です。

 この新システムは、
 SG社の保有する、現行システムの見える化ツールRESCUE
 同じくSG社が保有し、
 稼働実績のあるDOA型リポジトリからプログラム自動生成する
 EAリポジトリ・システムを使用して
 それらの連携機能を開発しようとしています。

 二つの技術を持っていることが、
 他社に先んじて実現できる所以です。

 これが完成すれば、
 日本の多くの企業での再構築が容易になるだけでなく、
 このシステムの稼働後は、
 経営からの要請に基づくシステムの拡張・変更等が
 容易になります。

 そのことによって、
 日本の企業の競争力強化に貢献いたします。

 日本の企業がSHAPE-UPできるのです。
 
 
 

 これについては、以下のセミナでご紹介しています。
 ご関心ある方はご参加ください。

 http://www.newspt.co.jp/data/semina/sksemi.pdf

 
3.JUMP-UPは日本です。

 日本は失われた20年とかいって、
 国際社会の中におけるステータスは下がる一方です。
 
 
 

 MIND-UPとWIND-UPを通じて、
 日本に飛躍してほしいという願望です。

 この「上野則男のブログ」も、
 「日本頑張れ!!}を基礎テーマにしています。

これからの当社の活動に
ご期待いただければ幸甚でございます。



  

0 件のコメント:

コメントを投稿