2014年4月15日火曜日

笑っていいとも!32年で幕!

【このテーマの目的・ねらい】
目的:
 「笑っていいとも」が続いた要因を考えていただく。
 32年の長さを実感していただく。

ねらい:
 これからの1年ずつを大事にしましょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ご承知のように、
タモリさんが司会進行をしていた「笑っていいとも!」が
2014年3月31日、32年の幕を閉じました。

先日最終回に、多くの有名タレントが出演して、
思い出話をしていました。
その人たちが「子供の頃これを見ていた」
と言いますから32年の年月というのは凄いものです。

皆さま32年前は何をされていましたか?

1人の司会者で長く継続した番組として
ギネスにも載ったのだそうです。

30年を1ジェネレーションと言います。
まさに1世代を画した番組だったと言えましょう。

その日は、この番組で売り出し、
今や人気者になっているそうそうたる顔ぶれが
賛助出演していました。

その人たちを見ると、
次々とそういうスターを輩出し続けて、
主役・準主役の顔触れが変わっていったのが
長続きの要因だろう、と思われます。

しかし、誰かが発言していました。

タモリさんはいつまでも恥ずかしそうにしていた、
慣れ切っていない、
そこが嫌味にならずに続いた要因だろう。

なるほど一理あると思います。
誰しも慣れてくると惰性で仕事をするようになります。
うまく捌けるようになるのです。

そうすると失敗はありませんが、
新鮮味に欠けるようになってきます。
一所懸命やっているとその気持ちが相手にも伝わります。
好印象を持ちます。

これは、講師業でもまったく同じです。
あまりにも駆け出しはダメですが、
少し慣れていないくらいが、意外に講師評価が高いのです。

その点、超超ベテランの私は
「慣れ過ぎているなー」と反省しております。

ところで、
当社の中核技術であるMIND-SA方法論は、
今年30年を迎えます。
事業のライフ30年と言います。

会社のライフ30年というのは誤りです。
新しい事業を次々繰り出して行けば、
会社は何年でも生きられるのです。

「笑っていいとも」にあやかれれば、
あと2年で有終の美を飾りたいものです。
皆さま、応援してくださいませ。

0 件のコメント:

コメントを投稿