2014年11月29日土曜日

「65歳からの毎日を10倍愉しくする私の方法」

【このテーマの目的・ねらい】
目的:
 テーマ名の図書をご紹介します。
 どんな内容なのかを想定していただきます。
 お役にたちそうな部分を見つけていただきます。

ねらい:
 ご関心をお持ちいただいたら
                本書をご研究ください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この書は、「牧アイティ研究所代表、
新老人の会会員(この会長は日野原重明先生)、
スマートシニアアソシエイション代表」という肩書を持たれる
牧 壮さんがこの11月に出されたものです。

私にとって牧さんは、
旭化成情報システムの社長さんの時からのご縁でした。
ずい分お世話になりました。
因みに私と同年です。
















ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
たまたま11月28日の日経MJ紙に
「デジタルシニア 3世代消費満喫」という特集がありました。
その中にこういう記述があります。

60-70代の男女1300人にアンケートを実施。
その結果、趣味を大いに楽しみ、
インターネットやパソコンを抵抗なく使う「デジタルシニア」
の姿が浮かび上がった。

現在の趣味・習い事としては、
1位国内旅行53%の次に
「パソコン・インターネット」51%が来た。

かたや、総務省「通信利用動向調査」が紹介されていましたが、
2013年末の年齢階層別ネット普及率は
60-64歳 76%
65-69歳 69%
で08年末よりも約31%上昇ということでした。

「ほんとかな?」というくらいの普及率です。
シニアは頑張ってますね!!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

牧さんは昔からPCとかに関心が強く、
いろいろ研究をされていました。

今回の出版は、
そのうんちくを「世のため、人のため」と
ひと肌脱いでまとめられたものです。

上記の調査結果を見ても、
まだまだおられるPC苦手の「お年寄り」に
分かりやすく丁寧に
PCやネットの使用法を解説されています。

第1章 100歳シニアからのインターネット
 日野原重明先生が100歳から
 フェイスブックを始められたことが紹介されています。

第2章 毎日が10倍楽しくなる
 シニアのためのiPad・インターネット入門
 「何が違う?パソコンとiPad」他

第3章 新しい友達と出会おう
 ――フェイスブックの安全・安心な始め方

第4章 フェイスブックだけじゃない、シニアがiPadで愉しむ世界
 朝起きてから夜寝るまでのiPad――Siriチャン
  スゴイ人工知能・音声識別機能を持ったソフトです。
  シニアの話し相手・相談相手になります。

  Siriチャンについては、私も感心して
  2013年7月1日の「Apple技術者にビックリ」でご紹介しています。
  http://uenorio.blogspot.jp/2013/07/blog-post.html

 自分史をまとめる
 人生のまとめー―iPadで「終活」の準備

第5章 もし身体の自由が利かなくなってもーーー

第6章 「自立したあなた」であるためにも、
                  iPadでネットライフを始めましょう
 最後には「シニア向けの機材と教材」という項目まであります。

 
私も最新技術は苦手で手を出していないのですが、
参考になった何点かをご紹介します。

1)デジカメ写真をiPad(他のPCでも)に移して、
                    整理検索が簡単にできる

2)シニアに役立つiPadアプリ
  懐中電灯になる
  スキャナになる
  ホワイトボードとして使える
  写真画像処理ができる
  お絵かきができる

3)人生記録が楽に作れる「私ノート」
  まさにシニア向けですね。


シニアが何時までも元気だと、
日本全体が元気になりますし、社会保障費も大幅に削減できます。
大いに意義のあるガイドブックです。

シニアだけでなく一般人向けのPC・ネットの手引書として
十分有効に使えます。
これだけの内容をまとめられた牧さんに敬意を表します。
  


0 件のコメント:

コメントを投稿