2014年3月15日土曜日

雑誌WiLLも頑張ってますね!

【このテーマの目的・ねらい】
目的:
 雑誌WiLLを認識していただく。
 日本の国防問題に関する1見解を読んでいただく。
 下村大臣を再評価していただく。

ねらい:
 広くいろいろな意見を取り入れていただく。
 時にはWiLLも読んでみましょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この度初めて雑誌WiLLを読んでみました。
以下のような記事があることを新聞広告で知ったからです。

 朝日は日本の進路を誤らせる 櫻井よしこ
 わが教育大改革構想  下村博文

他にもこういう記事がありました。
 「従軍慰安婦」否定漫画一挙掲載
 中国の「東條はアジアのヒトラー」を駁す
 田母神候補を「危険人物」にしたテレビ朝日
 「呆韓論」に目くじら立てる朝日新聞

一般には右翼系と言われるものですが、
私の言い方だと正当な愛国主義の主張です。

櫻井よし子さんの論文では、
以下の内容が新鮮でした。
集団的自衛権に関連した
ウォールストリートジャーナル(WSJ)の社説の紹介です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
中国が東シナ海上空に広大な防空識別圏を設定した事実を
深刻な危機と捉え、
安倍首相の改憲および集団的自衛権に向けた動きが
さらに重要な意味を持つに至った、と評価した。

民主主義国家は連帯して独裁国家の脅威に対処すべきだ、
というのが第2次大戦後の世界秩序構築の要諦だと指摘し、
一例として
旧ソ連に対抗した北大西洋条約機構(NATO)を挙げている。

だが、アジアには中国の侵略的軍国主義に対峙する有効な勢力、
つまりNATOのような民主主義国の連合がまだ存在しないために、
その空白を埋めるのは日本の役割だと指摘する。

WSJはさらに、
アジアの安定に寄与する役割を日本が担うことを
可能にするひとつの道が、
自公連立の解消と民主党保守派の自民党への合流
という政界再編だと説いている。

これは観念論に堕している平和主義政党、
公明党へのWSJへの否定宣言といってよいだろう。

日本を普通の国にし、
アジアにおいて指導的役割を担える国にしよう
と努力する安倍首相は称賛に値する、
とWSJは結論づけている。

WSJの見立てが実現するかどうかは定かではないが、
その分析は交際情勢の現実に基づき、
合理的思考に導かれている。
アジア全体を見渡す広い視点もある。

平和や秩序の維持には、
それを侵そうとする勢力に対抗し得る力が必要だ
という国際政治の力学も押さえていて、説得力がある。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
櫻井さんの主張と同じでしょう。
それが日本の新聞の社説ではないのが残念です。

このWSJの主張をアメリカに都合のよい主張だと見るか、
日本のあるべき進路だと考えるかは
個人の世界観によるのでしょう。

これに続いて、
翻って朝日新聞の社説はひどいという解説があります。
これは「常識」となっていることですので省略します。

=========================

下村博文文科相の「わが教育大改革構想」は対談ですが、
本題は、2013年12月の当ブログ
「下村博文大臣を東京都知事候補にするなんて
とんでもない!! 」
でご紹介した下村大臣の教育哲学です。
   http://uenorio.blogspot.jp/2013/12/blog-post_21.html
 

このWiLLの記事の冒頭に興味深いことが載っていました。

自民党内ではやはり、
下村さんを都知事の候補者にしようという動きはあったようです。

しかし下村さんは
「自分としては教育の改革に使命感をもっていてその気はなく、
安倍総理も
「教育問題については下村さんでないとできない、
自分から都知事選に出馬してほしいというつもりはありません」
と言われたのだそうです。

私の
「下村博文大臣を東京都知事候補にするなんてとんでもない」
の主張と同じことだったのです。

下村さんも安倍さんも信頼できますね。
ぜひ教育改革を初志貫徹していただきたいです。

  

0 件のコメント:

コメントを投稿