2014年3月15日土曜日

「STAP細胞」の騒ぎは何??


【このテーマの目的・ねらい】
目的:
 STAP細胞の1件について整理してみる。

ねらい:
 マスコミの報道を冷静に読みましょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

このブログで「小保方さんってすごい!」
というコメントを発信しました。

その趣旨は、
小保方さんが5年間、黙々と自分の立てた仮説の検証に取り組んだ、
という点と
そういうことを認める理化学研究所の体制
が素晴らしいと評価したものです。

そのことは、騒ぎが起きている現在も変わりません。

しかしそのブログの前段では
以下の指摘を行っています。
(1月31日「小保方さんってすごい!!」の転載です)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
マスコミは、
小保方さんがノーベル賞をとったかのような騒ぎ方です。
相変わらずの1パターン扇動者スタイルです。

ですが、まだまだノーベル賞までは先が長いのです。
通常の細胞が万能細胞になったということは、
マウスにおける実験でのことであって、
その確認も一部の研究者が行っただけです。

先ず、「それが本当なのか、一般的にそうであるのか」
を証明できなければなりません。

次いで、人間の細胞でもそうなるのかを示す必要があります。
そこで初めて人類にとって有益な成果であるとなるのです。
まだまだ先が長そうです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
そのとおりの状況になっているではありませんか。
冷静な見識があればそのように考えるのです。

ところがこの転載の冒頭にもありますように、
マスコミは見識なしの「扇動者スタイル」なのです。

それで、小保方さんたちの論文に疑問点が発生すると、
今度は極端に、論文の内容自体ではなくて
そもそも「STAP細胞」なるものの存在を否定するところまでの
論調となってしまっています。

私は、論文の内容や記述方法に問題があるのであって、
STAP細胞は認められるのはないかと思いたいです。

この結末はどうなるでしょうか。

0 件のコメント:

コメントを投稿