2013年9月30日月曜日

「トライアングル思考法」って何でしょうか?

【このテーマの目的・ねらい】
目的:
 企画書作成の秘訣を知っていただく。
 「トライアングル思考法」を知っていただく。
 

ねらい
 「トライアングル思考法」を読んでいただく。
 
 企画書作成のコツは何だろうと考えていただく。
 企画書作りに上達していただく。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「トライアングル思考法ー
自分の企画書に自信が持てる七つの法則」は
「仕事品質」改善教室代表の大島道夫さんの最新著書です。



















大島道夫さんは、
システム企画研修㈱が主宰しているDMクラブメンバで、
トライアングル思考法は、
システム企画研修㈱の丸い三角形の拡張版です。


























七つというのは、
上に示した拡張版丸い三角形の〇の数を示しています。

1.お客様にとって価値があるものが「ねらい」

2.「ねらい」のために実現することが「目的」

3.「あるべき姿」と「現状」のギャップが「問題」

4.「問題」を起こしているのが「原因」

5.「目的」を達成するためにやることが「解決策」

6.「改善目標」に共感すると「目的・ねらい」が達成できる

7.「目的・ねらい」のために支払ってもよいのが「コスト」

大島さんは・本書の執筆目的を「はじめに」で
以下のように書いておられます。

このような応援団がいてくださることは、
当社にとってたいへん嬉しいことです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
はじめに

本書は、
「トライアングル思考法」の7つの法則で企画書を見える化し、
よ~く考えることで、
お客様や上司が重要視する企画の目的・ねらいを
腹に落とし込むこと、
つまり、自分の企画書に自信を持つための本です。

自信がある企画書は、とおせる、ブレない企画書となり、
お客様や上司からYesを引き出すことができるでしょう。

その結果、「その企画、私にやらせてください!」と
明るく、楽しく、元気よく仕事ができることを願って書きました。

 
「トライアングル思考法」とは、
システム企画研修株式会社が開発した「目的達成手法」という
業務改革の方法論に、同社から承認をいただき、
私の約30年間のビジネスマン経験を加えてとりまとめた
企画書を見える化して、よ~く考えるための思考法です。

システム企画研修株式会社は、
システム開発で一番大事な「システム企画」という
上流工程に関わる研修を中心に
ビジネスをしている研修専門会社です。

また、
単なる問題解決よりも前向きなとらえ方をするために、
問題解決という言葉を裏返して「目的達成手法」と称し、
約200社、30,000人超の研修実績がある
画期的な方法論です。

考えてみると企画書作りと言っても、
いろいろなものがあるでしょう。

お客様や自社内の業務改革だけではなく、宴会も、結婚式なども、
ある意味では、企画と言えるでしょう。

共通して言えることは、
「それは、何のためにやるのか」
という目的・ねらいがあると言うことです。
何だかちょっと難しそうですか? 
でも「トライアングル思考法」は、
ビジネスの基本となる5W2Hがベースですからとてもシンプルです。

また本書は、
物語風に架空のサンキューソリューション(株)営業部の木村主任が、
「トライアングル思考法」をコンサルタントから学びながら、
お客様の業務改革のための企画書作りに苦労して、
そして最後には、
自分の仕事に自信をつけていくサクセスストーリーで書かれています。

楽しく読んでいただければ幸いです。

          「仕事品質」改善教室 代表 大 島 道 夫

※ご参考 5W2H
 ・Why(何のために、効果)
 ・What(いかなる問題を解決するか)
 ・Where (いかなる対象範囲を)
 ・When(どれだけの時間をかけて)
 ・Who(どういう体制で)
 ・How(どのような方法により)
 ・How Much(いくらかけて)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

本書は、「もしドラ」
(「もし高校野球の女子マネージャーが
ドラッカーの『マネジメント』を読んだら」)
や「世界一やさしい問題解決の授業」
で脚光を浴びるようになった物語仕立てでの解説書です。

本書の物語仕立ても、なかなかのものです。
以下の例をご覧ください。

第1の法則の中の文章です。
木村主任の相手は野上社長というコンサルタントです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
・お客様をうらなせる「価値目標」

「木村主任、まだ先ほどの社長の気持ちでいてくださいね」

「はい、わかりました。何だか、ワクワクしますね」

「一般的に、何がどのようになると会社の利益ができますか?」

「それは、売上増大、生産性向上、シェア拡大、品質向上などの
 『増えるのが良い』ものと、 社員数、工数、コスト、スペースなどの
 『減るのが良い』ものとの差が利益だと思います。

「素晴らしい、そのとおりですね。今、言われたことを経営に
おける価値目標として一覧表にしたものがここにあります。」
価値目標一覧表を挿入(掲載省略)

 
木村主任は、これは、良い資料だ、できたら欲しいなと思った。
野上社長は、続けた。

「これらの10項目をA4一枚にまとめてあります。
これを二つ折りにすると木村主任が今持っている
そのA5サイズの手帳にちょうど納まります。
 
これをいつも手元に置いておくと企画書作りに便利ですよ。
今日は、特別に差し上げます」

「えぇ~、いいんですか! ありがとうございます。嬉しいです。
あれ?この紙は、ちょっと厚いですね。」

「そうです。ふつうの紙ですと使っているうちにボロボロに
なってしまいますから、 チラシなどを作るときに使用するツヤが
あって少し厚めの紙に印刷してあります。
お客様満足度向上のためのコンサルタントとしての一手間ですね。
おっと自慢話になってしまいましたが・・・」

「いえ、とんでもありません。感動しました。
昨日、鈴木部長からコンサルタントに相談してみたらと言われた時は、
正直、なんだか面倒臭いと思っていたのですが(失礼)、
野上社長は、私の思っていたコンサルタントではなく、
クライアントの成長を本気で願っている方なんだと 思います。
お会いできて本当に感謝しています」

「そう言っていただけると、私も嬉しいですよ。
木村主任とこうして出会うことができたのも鈴木部長の
おかけですね。感謝しなきゃいけませんね。
そのためにもこの企画書を良いものにしましょうよ。」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

あまり褒めると自己宣伝にもなってしまいますが、
大事なことがやさしく書いてありますので、
企画書作りや提案書作りに関心のある方は、
是非お読みいただければ、と思います。

このテーマにご関心をお持ちいただきましたら、
私自身の書いた「世界で初めての目的達成の授業」

http://www.newspt.co.jp/data/info/book/book4.pdf

もご覧になってみてください。
全文を無料でご覧いただけるようになっています。

「おっと自慢話になってしまいましたが・・・」



1 件のコメント:

  1. 「トライアングル思考法」著者の大島道夫です。メルマガにとりあげていただきありがとうございました。この本は、中堅(30代後半〜40代前半)の方が、自分の仕事に自信を持って欲しい、という願いをこめて書きました。中堅の方が元気になればまだまだ日本も大丈夫です!

    返信削除