2014年10月30日木曜日

小渕優子さん、松島みどりさんの辞任はどう思いますか? そのあと我田引水

【このテーマの目的・ねらい】
目的:
 小渕優子さん、松島みどりさんの辞任について考えてみる。
 システムが動いている裏で、
  システムの事故・障害を起こさないための努力が
  行われていることを知っていただく。
 その努力の一つ当社の「Sweeper養成講座」を知っていただく。

ねらい:
 Sweeper養成講座の内容をご研究いただく。
 できればこの研修にご参加ください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

10月26日のフジテレビ「新報道2001」は、
このお二人の辞職問題を取りあげていました。

政局判断で早期同時辞任となりました。

小渕さんは、
個人単位の年会費等に対してワインなどを送ったり、
観劇会で正規の料金よりも集めた会費が少なかったので
買収行為であると認定されてしまいました。

後者は言い逃れができないようですが、
前者は、納めた会費に対して提供した物品の値段が小さい場合は
金品の提供(買収、利益供与)とは認められない、
という解釈もあるようでした。

松島さんのはうちわを選挙民に配ったというものです。
当日のテレビで面白いことが示されていました。
厚紙のうちわの形でもA4サイズ以下ならOK
(ビラはA4以内ならよいという規定があるのです)、

指を差し込めるようになっていても
まあOKなのだそうです。

白い台紙のサイズはA4です。












ですが松島さんの場合には
「柄がついている」ので、
うちわ=価値ある物品ということで、
クロではないかということでした。





では、このようなものはどうでしょうか。
うちわとして使うことも
意識しているでしょうが、
「柄が付いている」とは言いにくいようです。

微妙ですね。







小渕さんは、
「自分はそういう事実を把握していないが
確認します、もし事実なら責任は私にあります」と
四の五の言い訳せずに極めて素直な対応でした。
好感が持てましたね。

松島さんは、違反かどうか微妙だったこともあり、
「悪いことをしているとは思わない」
などと開き直っていました。

おそらく、小渕さんのことがなければ
辞任しなくてすむ微罪だったのかもしれません。

いずれにしても、
明らかな悪意に基づく不正行為ではないでしょう。

ちょっとした不注意か綻びだと思われます。
それが辞任に繋がってしまうのですから怖いですね。

野党とマスコミの「根性の悪さ」も影響しています。

以下は、便乗・我田引水の論理展開です。
ご容赦ください。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ちょっとした不注意という意味では、
個人情報漏洩で辞任に追い込まれた社長もいます。
情報システム事故で責任をとったトップもいます。

実は情報システム事故という点からすると、
現在の情報システムは
いつそのような事故が起きてもおかしくないような
脆弱な仕組みなのです。

それをシステムの運用と保守(エンハンス)の担当が
大事に至らないように瀬戸際でせき止めています。

でも、管理者や利用者から見ると、
事故(障害)は起きなくて当たり前で、
起きると「何をやっているのだ!!」と叱責されるのです。

情報システムを構成しているプログラムは
何万行・何十万行の命令文(仕様)でできています。
1行にはいくつもの「単語」が入っていますから、
その全部の関連を見て
間違いをなくするなどはできそうにもないでしょう?

そのため、銀行の大きなシステムを作る時などは、
半年もテストを繰り返しています。
それでも時々、ATMが止まるなどの事故が起きるのです。

そうやって、テストをして大丈夫となったシステムでも、
経営や業務の変化に対応して変更・改修が発生します。

この変更・改修をドジすると障害に繋がります。
システムの生涯を通じての障害発生原因としては、
初期の開発時のエラーよりも変更・改修時のミスの方が
圧倒的に多いのです。

JUASの調査では、
開発起因障害は28%、
保守運用起因障害は72%です。

そこで、事故に繋がる障害の削減対策としては
保守(エンハンス)業務の整備をすることが
非常に有効であるのに、
世の経営者さんたちは、
保守は後ろ向きの必要悪業務であるから
なるべく経費をかけずに改善のための投資もしない、
という方針です。

「これではいけません、保守業務の改善に投資をしてください」
という趣旨で
当社が2010年から継続している研修が
エンハンス(保守)業務改善のリーダを育てましょうという
Sweeper養成研修なのです。

Sweeperというのは掃除をする人という意味で、
情報システムの場をきれいにすることを期待役割とします。

ぜひ皆様の部下を
このSweeper養成研修に出していただいて、
障害削減に貢献していただけませんか?

第7期エンハンス業務改革推進者養成講座のご案内
http://www.newspt.co.jp/data/sweeper/sweeper.html


0 件のコメント:

コメントを投稿