2014年2月23日日曜日

東大卒にもこんな素晴らしい女性がいます!

【このテーマの目的・ねらい】
目的:
 サクセスワイズ社・村田美夏社長を知っていただく。
 女性の活用策の動きを知っていただく。

ねらい:
 女性の活用について貢献していただく。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


前項の「東大卒の落語家を知っていますか??」で
ご紹介した春風亭昇吉さんにお会いしたのと同じOB会で
お会いした美才女のご紹介です。

NEW-S-COREのサイトInterviews
http://gipj.net/interview/2013/02/13/174/
以下の写真はこのサイトからの転載です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

村田さんはサクセスワイズという会社を経営しておられます。

社名
株式会社サクセスワイズ



代表者
村田 美夏
 1993年 東京大学 経済学部経済学科卒
  1993 日本長期信用銀行入行

   本店・国際与信担当
   (ブラジル、ロシア、アルジェリア、アルゼンチンほか)
   名古屋支店・法人営業担当
   (名証一部上場企業、未公開企業ほか)
   本店・マーケット担当(外国為替ほか)
 2000年 独立  海外&日本のベンチャー企業支援
 2010年 当社設立  代表取締役就任

東大の経済学部は、なんと!!首席で卒業とのことです。

以下の経営方針をご覧ください。
なかなかいいですね。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
会社方針
「世の中のためになることをする」
 そして、やりとげ感謝される
  なぜならば、世の中に必要なものはなくならない


企業使命 Our MISSION

社会的企業(Social Enterprise)として、
 
社会的課題の解決をミッションとして取り組む。
 
自社の利潤の最大化ではなく、ミッションの達成を最優先する。

サクセスワイズの行動規範

  ルール1 世の中にとって正しいか
  
ルール2 あなたの心で考えて正しいか
  ルール3 会社にとって正しいか
 
   行動の最優先は、ルール1の「世の中にとって正しいか」です。
   次に自分自身の心で考えてルール1が正しいかです。
   最後に会社の視点で考えてルール1が正しいかです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
事業の一つは、以下の「健康安心なび」です。

類似の試みは多数あるようですから、
どうやって差異化するかがカギでしょう。


健康安心を必要とする消費者に直接PRして橋渡しするサービス

健康安心なび

 

 

 

 サービスの目的

3つの目的で「健康安心なび」のサービスを開始しました。


「生産農家の発展」

MADE for JAPAN
の国産品流通の活性化を目指します。
生産農家の第1次産業と飲食・旅館などの第3次産業が
本サービスを介して結び付くことで
第6次産業の自然形成がなされ
生産農家が発展できる
ことを考えてサービスを開始しました。

「健康で安心な生活を推進」

健康で安心な生活を推進することを目指しています。
口にする食べ物が健康を作り、健康で働ける環境を作ります。
健康によって、豊かな社会が生まれてくると考えています。        
           

「がんばる人にチャンスを」

低価格重視の基準で取引されている商品・サービスを
「健康」で「安心」の基準に変えるべく取り組みます。
健康・安心へのこだわりを
簡単にPRして広める機会を作りました。
健康安心への取組努力を
新たな価値として発展して頂ければと思います。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ご承知のように、
これからの日本経済を活性化する対策の一つが、
高齢者と女性の活用ということになっていて、
アベノミクスでもいろいろな促進政策が採られています。

日経WOMAN誌2013年5月号では、
女性が活躍する会社Best100を発表しています。
その女性活用度は以下の4指標で測っています。

 管理職登用度
 ワークライフバランス度
 女性活用度
 男女均等度

そのベスト10は以下のとおりです。

 1位 日本IBM
 2位 P&G
 3位 第一生命保険
 4位 日本生命保険
 5位 高島屋
 6位 パソナグループ
 7位 大和証券グループ
 8位 ソニー
 9位 パナソニック
 10位 野村証券

このような動きになってきますと、
企業としては、企業イメージの向上という面からも、
実際の必要性という面からも、
女性の活用策を積極的に展開せざるをえません。

現に日立グループでは、
グループ企業30社の女性活用度を発表して(2014年1月)、
その促進を図ることを始めています。

イオングループでは、
女性活用の専門組織を2013年7月に立上げ、
課長以上の管理職の女性比率を
7%(現状の社員の男女比率は5対3)から
50%に引き上げる方針を打ち出しています。

こういう動きの中で、
村田美夏社長には、知性(と美貌)を武器にして
ソフトバンクの宋社長、楽天の三木谷社長、
ファーストりテーリング(ユニクロ)の柳井正社長
などのように事業を成功させて
女性の目標になっていただきたいと思います。

サクセスワイズまたは村田美夏さんのお考えに共鳴する方が
いらしたら、連携なり応援なりを考えてくださいませんか。
 




0 件のコメント:

コメントを投稿