2010年4月29日木曜日

サマランチ氏逝く

オリンピックのシンボル的存在だったサマランチ氏が
4月21日、89歳で亡くなりました。
氏は国際オリンピック委員会の委員長を21年間、務められました。
こういう組織は定年制はないのかと思いましたら、
定年制はあったのです。

元は70歳が定年だったのをサマランチ氏が75歳に引き上げ、
さらに80歳まで引き上げて、そこで引退されたのだそうです。

皆様どう思われますか?
定年制は、何のためにあるのですか。
そのねらいは、組織が発展することでしょう。
そのねらいのために、組織の発展に貢献できる人にチャンスを与える
ことが、目的のはずです。

単に、多くの人にチャンスを与えることが目的ではありません。
多くの人にチャンスを与えても、
その人が適任ではなく、組織をダメにしたのでは意味がありません。

したがって、IOCの定年延長の審議のときに
「サマランチ氏が引き続き委員長をされるのが
オリンピックの発展のためによい」と
委員たちが思われたから、
定年制延長に賛成されたのでしょう。
目的思考の考え方でよい、と思われます。

――――――――――――――――――――――――――

ところが、日本でこういうことがありました。
ある法人で、
サマランチ氏よりもその組織の発展に貢献したと
周辺のだれもが認める方が
その組織の運営責任者の職から退くことになりました。

その方は72歳でした。
実は、70歳だったそのポストの定年を
その方の働きかけで72歳に引き上げていました。

そしてサマランチ氏がなさったように
もう一度定年延長をしようとされたのですが、
会長の反対で実現しませんでした。

その会長は大企業の出身者です。
大企業は目的よりも「大義」が優先します。
決まりを守ることが大事なのです。

たしかに、大企業は人材が豊富ですから、
優秀な人が引退しても次の方がおられるでしょう。

小さな組織は人材が豊富ではありません。
その組織は、その方の力で大発展をしましたが、
特殊な組織ですから、適任な後継者の獲得は困難でしょうね。
会長は、そのことを正しく認識されていたのでしょうか。

――――――――――――――――――――――――――

私の会社も人材難です。
当社の一番のネックは営業です。

以前、営業担当に退職されて穴があいたときに
株主総会でそのことを報告しました。
「退職の影響で売上が落ちた」と。

そうしましたら、
大企業出身の株主から
「コンティンジェンシプラン(代替案)を用意していないのはいかん」
と言われてしまいました。

私は一瞬何を言われたか分かりませんでした。
その意味が分かったときに
「たしかに大企業ではそういうことだろうな」と思いました。

前提認識の違いに今さらながら愕然としました。
零細企業は、可能な範囲でダッシュして
うまくいけば生き延び発展する、
何か致命的な問題が発生してそれを乗り越えられなかったら
終わりになるのです。

だから零細企業の生き残りには歩留まりがあります。
その中から僅かな率で大企業に発展していくのです。

大企業はそのようなリスクがあったら大変です。
大企業と中小・零細企業は行動原理、マネジメント原理が異なります。

大企業で優秀だった方が小企業に行くと、
ほとんど役に立たない人が多いのはそのためです。

0 件のコメント:

コメントを投稿