2018年4月2日月曜日

フジテレビ「新報道2001」が終了したのは残念です!!

【このテーマの目的・ねらい】
目的:
 フジテレビの「新報道2001」の終了を惜しみます。


ねらい:
 次の番組がこれを超えることを期待しましょう。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2018年4月1日、突然「新報道2001」が終了すると告げられました。
前回までは何もそのことに触れていなくて、
急な告知というのはあってよいものなのでしょうか。
(私が知らなかっただけなら、ゴメンナサイです)



日曜日の朝7時半のこの番組を楽しみにしていた人は多いはずです。


その時々の話題や問題のテーマについて、
取材と出席者の討論で追求する内容は素晴らしく、
私としてはたいへん貴重な情報源でした。
本当に残念です。


テーマが決まってから出席者と交渉されるのだと思いますが、
毎週ですから、そんなに時間的余裕がないはずです。
「よくこれだけの出席者を集められるな!」と感心していました。



10年間続いたのですが、
ご担当の須田哲夫キャスターは70歳だそうです。
当日は、70歳からのチャレンジネタの紹介がありました。


この日、初めて須田さんの経歴を知りましたが
なかなかのものでした。


子供のころ、ラジオ番組のサザエさんのカツオ役をされたそうです。
その後、フジテレビのアナウンサー、キャスターとして活躍されています。
大物の方を相手にして、あるいは「怖い」人を相手にして
ひるまず取材をされていた「根性」は大したものです。


その経歴がおありなので、
新報道2001の番組でも、偉い方々を相手に仕切れたのですね。
あらためて感心しました。


私は、須田さんの魅力は今回再認識なのですが、
代々の美人キャスター(アシスタント)については、
初めから半分それが楽しみで観ていたようなものです。


あらためて残念です。


4月23日追記
その後、フジテレビの後継番組を見ました。
残念ですが、これはどこにでもありそうな報道番組でした。


取りあげるテーマの多様性はあるのですが、
突っ込みが足りないのです。
つまり「幅はあるが奥行きがない」ということです。


あらためて(が多いですね)、
新報道2001の素晴らしさを実感しました。


テーマとして何を取り上げるかを
ギリギリのタイミングで最高のものを選択し、
それから出演者の交渉をするのです。
ディレクターはたいへんだったでしょうね。
素晴らしい腕前です。





0 件のコメント:

コメントを投稿