2011年8月19日金曜日

大震災被災者応援、自分たちにできること

我が母校の空手部のOBが発起人になって
こんなイベントを実行しました。

大震災の被害を受けた釜石で空手を稽古している
小学生から高校生まで14人を
3泊4日で東京に招んで楽しんでもらったのです。

日程は以下のとおりでした。
87日(日)】
14
24 東京着(東北新幹線)
15
301700 東大七徳堂にて空手合同稽古

これは、東大の武道館である七徳堂の前での写真です。
一番若い招待客、世話役をする現役学生、
企画推進者であるOBの3世代混合です。

なお世話役の現役には女子も交じっています。
東大空手部の女子は、
7帝戦(旧帝国7大学)で4連覇など
結構頑張っているのです。

招待された14人のうちの5人です。 

17
301930 「棲鳳閣」(本郷2丁目)で歓迎夕食会
88日(月)】
9
002000頃まで  東京ディズニーランド訪問
89日(火)】
9
30 1200  上野動物園   
12101340 国立科学博物館
14
201550 東京タワー(大展望台・特別展望台)
18
302000  東大七徳堂にて空手合同稽古
 結構、強行軍ですね。

810日(水)】
8
56  東京発 やまびこ273号(東北新幹線)  
1336 釜石着
釜石から参加の子供達の名前(姓は省略)・年齢は
以下のとおりです。
名前のユニークさ・新しさにびっくりしました。
半分くらいは読めませんね。

唯(ゆい 16)      
恵莉菜(えりな 16才)   
亮也(りょうや 15才) 
恵里奈(えりな 13才)   
沙彩(さあや 12才)   
彩華(あやか 13才)  
一颯(いっさ 10才)     
祐奈(ゆうな 14才)    
夢侑(うゆ 13才)      
魁(すぐる 14才)      
茅里(ちさと 11才)     
駿希(としき 09才)  
祥大(しょうた 07才) 
遥花(はるか 07才)  

この企画は、熊本に住む本田憲之助OBが
同期の仲間である新日鉄釜石空手部OB前田穆人君を訪ね、
被災者に何か励ましができることはないかと
思いついたものです。

 東京における行事の具体化
 希望者の募集・調整
 資金集め
 (空手部OB120人から150万円以上が集まったようです)
 安い宿泊所の確保
 引率者・合同稽古の手配

等々たいへんな手間ひまをかけて実現しました。

空手の縁で被災地のごく僅かですが子供たちに
一生の思い出を作ってあげられたのです。

何かの縁というのは大事ですね。
学生時代には、何らかの本格的なクラブ活動をするように
お子様・お孫様をご指導なされたらいかがですか。

0 件のコメント:

コメントを投稿