2011年3月1日火曜日

SWEEPERってご存じ?

 サッカーファンならご存じでしょう。
 私は、サッカーを知らないのでWikipediaを見ました。
 そうしたら、以下のような解説がありました。 

 スウィーパー(英: Sweeper)とは特定のマークを持たず、ストッパーの選手が抜かれたときのカバーリングや2列目から飛び出してきたMFの選手に対する守備などを行うポジションである。
 以前はカバーリングなどを行う為にストッパーの選手の後方に位置することが多かったが、ディフェンスラインをフラットに保ち、ラインの高さをコントロールすることが重要視される現在では、ストッパーと並び横一列になる場合が多い。

 要するに、
 守備の機動力で、最後の守りを固めるのが役割のようです。
 攻撃を「スウィープする(一掃する)」が語源のようです。

 ですが、ここでご紹介するのは、別のSweeperです。
 SoftWare Enhancement Evolution Professional ExecuteR
 の略で、ソフトウェアのエンハンスメント(保守)の改革を
 推進するプロフェッショナルで、
 保守業務をスウィープする(きれいにする)のです。

 これは当社の造語です。
 このプロフェッショナルを本格的に養成する半年講座を
 今年6月から始めようと準備中です。

 その趣旨は以下のとおりです。

 ・ ソフトウェア保守業務は、
  今や開発保守業務の中で7割前後の比率を占める
  重要な業務である。
  (私は、2010年以後は保守の時代である、
  2010年までの30年間は開発の時代だった、
  と言っています)

 ・ これが滞ったりミスが発生したりすると、
  ビジネスに重大な影響をもたらす。

 ・ それにもかかわらず、
  保守業務の系統的な改善はほとんどされてきていない。

 ・ その原因は、
  その改善に取り組む専門的なスタフがいないからである。
  (さらにその原因は、
  経営者・責任者がこの改善を重視しなかったからである)

 ・ 改善に取り組めば「宝の山」状態で、
  大きな成果が期待できる。

 ・ そこで、日本の衆知を結集して、
  保守業務の改善をミッションとするプロフェッショナルを
  育成しよう。

 ・ この講座は、単なるお勉強講座ではなく、
  保守業務の改善・改革を実践・推進できる人材の養成
  を目的とします。

 この事業は社会的にも非常に大きな意義のあるもの
 であると信じています。

 ご関心のある方は、以下のURLをご参照ください。
  http://www.newspt.co.jp/data/sweeper/sweeper.html 

0 件のコメント:

コメントを投稿