2011年3月10日木曜日

前原外務大臣を辞めさせた!

 日本を守ろうという信念のありそうな
 前原外務大臣が辞任してしまいました。

 前原さんは、尖閣諸島の衝突事件の時に
 中国に対して強硬に対応すべきであるという
 正当な意見を持っておられました。

 それに対して、菅総理は逃げ腰姿勢で、
 あのような無様な、中国に舐められる対応で
 押し切ってしまいました。
 
 何たることかと憤慨したのは
 私だけではないでしょう。
 
 前原さんは日本の外務大臣として
 交渉力は未知数ですが
 筋を通すということで期待ができたのです。

 今回は、自民党があのようなことをほじくり返してきて
 前原さんを辞任に追い込んでしまいました。

 確かに法律に反しているのかもしれませんが、
 状況を知れば、
 辞任しなければならないほどのことではないのです。
 年間5万円を何年間か
 近所の焼肉屋のおばさんからカンパを受けた
 だけのことです。
 
 前原さんも悩んだでしょう。
 日本の外交のために頑張らなければならない
 という思いと、
 政治倫理を通すという筋論とのはざまで。

 しかし、政治資金のことに関して
 厳しい姿勢を示してきた手前、
 ああなってしまえば、
 辞任するしかなかったのでしょう。

 自民党は何を考えているのでしょうか。
 政党政治ですから、
 敵対する政党の力を弱めようとするのは
 ある程度やむをえないことでしょう。

  しかし今は、
 日本国内で争っている場合ではないでしょう!
 日本の政治がうろうろしていることで
 世界に恥をさらしています。

 恥ずかしいだけならまだしも
 中国やロシア、
 韓国にまでも弱みにつけこまれてしまいます。

 自民党は、日本よりも自分の党が大事なのですか!!

 今回の件は、
 大局観なく些事をほじくり返した自民党が悪い!
 どうみても自民党の評価は高まっていませんね。

 「今回の目的は何なのだ!」
  民主党をやっつけること、なのでしょう。

 「ねらいは何なのだ!」
  自民党が復権すること、しか考えないのですか?
  日本をどうしようとしているのですか?
  国民はどの政党であろうと日本を良くしてほしいのです。
  それが「ねらい」であってほしいのです。
 
 お願いしますよー。国会議員さん!
 
 

0 件のコメント:

コメントを投稿