2018年3月14日水曜日

18歳成人法案、なんでこんな中途半端なことをする!

【このテーマの目的・ねらい】
目的:
 中途半端な成人法案に反対します。
 飲酒・喫煙は18歳から認めるべきです。




ねらい:
 飲酒・喫煙が18歳から認められるように働きかけましょう!
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ご承知のように、
政府は3月13日、成人年齢を20歳から18歳に引き下げる
民法改正案を閣議で決定し、国会に提出しました。
2022年4月からの施行を目指すようです。


この改正案により、
結婚できる年齢が男女共に18歳からになり、
クレジットカードを作ることができ、
親の同意なしにローンを組めるようになります。


しかし、
少年法の適用を20歳未満から18歳未満に引き下げるかどうかは
異論もあり、法制審議会で検討中だそうです。


ご承知のように選挙権は一足早く18歳以上に与えられています。


ところが政府案では、
飲酒・喫煙は相変わらず20歳以上のままとなっています。


なぜ、そんなにいろいろな基準がありうるのでしょうか。
「18歳以上は大人である」と決めるのであれば、
すべてその線で通すべきでしょう。


飲酒は18歳からはダメで20歳以上ならよい、
という何らかの合理的根拠があるのでしょうか。


逆に20歳以上の基準が厳しくなったために、
大学の新入生歓迎コンパや成人式のお祝いのときに
お酒が飲めない人がいる、
という極めて現実的な不都合があるのです。


新入生歓迎コンパのときに、
20歳以上とそれ未満の席を分ける、
などという事態が起きているのです。


新入生歓迎コンパの意義を体感している層から見ますと、
その不具合はとんでもないことです。


少年法の適用年齢変更は誰が何の目的で反対するのでしょうか?
飲酒・喫煙については誰が何の目的で反対するのでしょうか?
科学的根拠はないでしょうに!!


成人年齢は一本化することに
国民の総意を結集すべきです。

0 件のコメント:

コメントを投稿