2017年3月31日金曜日

ガン治療はどこまで進んでいるのか。オプジーボの驚異!


【このテーマの目的・ねらい】
目的:
 がん治療の最先端の状況を知っていただきます。

ねらい:
 がんの治療法に関心のある方は是非本書をご覧ください。
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
本稿は、日本経済新聞社編の「免疫革命 がんが消える日」
のご紹介です。



野薬品工業のオプジーボなどの新しいがん治療法が
注目を集めています。

一般にはその効果よりも、
1千万円単位の薬代の高さが注目を集めています。

しかし、これらの薬が効いた実例は驚異的で
がん患者さんの垂涎の的となっているのです。

多数の驚異的成功例や成功率を上げるための改善の取組み
が紹介されています。

新しい免疫療法の仕組み
















他の療法との組み合わせが有効















本書は、
「がんは不治の病ではなくなる。遅くても10年以内に」
という、オプジーボの開発者の一人である
2013年文化勲章受章者本庶佑博士の言葉で締めくくられています。
 
是非この療法の詳細原理が解明され
人類の期待に応えられるようになって欲しいと思います。

すなわち、「命も金で買える」状態ではなくなって欲しいのです。

参考までに、
当書の内容からがんの治療法を整理すると
このようになります。


がんの治療法の比較
  治療法
  方式
  問題点
  副作用
 外科手術
 がんの部位を切除する
切除できない臓器もある。

転移が始まっていると全面切除は困難
 
副作用ではないが再発のリスクがある。
放射線治療
放射線をがん細胞に照射してがん細胞を死滅させる。
がん細胞だけに照射することが困難。

がん細胞が広がってしまっている場合、使用困難。
正常細胞も殺してしまう。
抗がん剤
免疫細胞のがんに対する攻撃力を強める
個人特性・がんの種類により効果のある抗がん剤の選択が試行錯誤
吐き気・食欲不振で体力消耗。抵抗力低下。脱毛。
分子標的薬

(イレッサ)
がんの増殖に関する分子を狙い撃ちしてがんの増殖を止める。
研究停滞。

 
初期の免疫療法

 
丸山ワクチンなどワクチン方式

ハーセプチン、アバスチンなど抗体薬

インターフェロンなどサイトカイン療法
効果が限定的、
再現性がない、

 

 
免疫力強化療法
強力な免疫細胞を体外で培養し身体に戻す免疫細胞療法
開発途中

 
免疫療法

(オプジーボ、キイトルーダ、ヤーボイ)
免疫力を強化するのではなく、がん細胞からの攻撃をプロックする方式。

(がん細胞が行使する免疫細胞の免疫力を骨抜きにするブレーキ機能を無力化する)
どういう場合に効き、どういう場合に効かないかが分かっていない。

副作用の発生要因も分かっていない。

薬代が高価。
発生率は抗がん剤に比べて多くないが、間質性肺炎、糖尿病関連など重篤な副作用もある。

 

0 件のコメント:

コメントを投稿