2014年1月30日木曜日

徳田虎雄さんも晩節を汚した!!


【このテーマの目的・ねらい】

目的:
 ・徳田虎雄氏について思い出していただく。
 ・人間の性について考えていただく。

ねらい:
 ・(それでおわり)
 
世間を騒がせている徳田虎雄さんは、
私と同年の寅年生まれです。 

そういう点から、
氏が世間に登場した時から関心を持っていました。
 
記憶にあるのは以下の点です。 

辺境の徳之島であったために医師不在で
弟さんが命を落とした。
 
「そういうことがあってはいかん」と一念発起、
苦労して医師になった。

誰でもが医療を受けられることを目標に
可能な限り保険で治療ができるようにした。

その方針の病院を徳洲会として全国展開していた。

日本医師会はそのような治療方針の抵抗勢力で、
たびたび戦っていた。

戦うには力が必要ということで衆議院議員になった。

少しの時間を惜しみ、
歯磨きをしながら体をゆすり、トイレの時間を削減していた。

当時は私も超多忙でしたが、そこまではしませんでした。

とにかく英雄的な人だと応援しておりました。

その後の経緯は、多くの人の知るとおりです。

そして今回、実子徳田毅氏の選挙違反事件(買収容疑)、
猪瀬前東京都知事への資金供与事件を起こしました。

猪瀬前知事との件は、
徳州会が東電が売却予定の東電病院の取得に関心があり、
それに便宜を図ってもらおうと
5000万円を渡したのではないかという憶測も行われました。

人間はある程度地位やお金ができてくると、
潔い志も歪んでくるのでしょうかね。

徳田虎雄氏は、
2002年に筋委縮性側索硬化症(ALS)になっておられます。
そのための「ボケ」もあるかもしれません。

しかしボケは「欲ボケ」の方に働いているのかもしれません。

非常に非常に残念なことです。

このブログで取りあげた「晩節を汚す」は、
小泉元首相に次いで2人目ですが、
細川元首相が3人目になろうとしているのでしょうか。
 

0 件のコメント:

コメントを投稿