2013年5月31日金曜日

タダで500万円の研修が受けられます!!

【このテーマの目的・ねらい】
目的
 
 タダで大きな具体的改善成果が実現できる
 研修を知っていただく。
 そういう制度があることを知っていただく。

ねらい
 お勧めの研修プログラムをご採用いただく。
 半年で目に見える大きな改善成果を実現していただく。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
久しぶりに当社のビジネスに関連した情報提供です。

まず、なぜ500万円がタダになるかです。

ご存じの方も多いかもしれませんが、
アベノミクスの一環でしょう、
厚生労働省の研修助成金制度が改訂されたのです。

正規雇用従業員に対して企業が研修を実施すると、
1人20万円、1事業所当たり年間500万円までの
補助金が支給されます。

従来もこの制度があったのですが、
入社5年未満の従業員が対象ということで、
利用が限定されていました。

今回その年次制限がなくなったのです。

そこで、当社ではこの制度を最大限に活用する研修を
開発しました。

それはこういう研修です。

対象は情報サービス業です。
情報通信業は前述補助金の支給対象事業となっています。

研修テーマは、
ソフトウェア保守業務の改善実施です。

組織の部長またはグループリーダが中心になって、
半年で、具体的な改善成果を実現する
ことを当社が支援するプログラムです。

実はこのプログラムの仕組みはMIND-VIPと言いまして、
多くの一般企業(情報サービス業以外の事業会社)で
半年1回で数千万円から数億円の改善利益を稼ぎ出している
実績のあるものなのです。

MIND-VIPの仕組みの骨子は以下のとおりです。
 
 1)組織のトップ(社長または部門長)が推進する。
 2)部長(グループリーダ)が率先して組織(チーム)で
   半年間改善・改革に取り組む。
 3)1回に数チームから15チームまでを対象とする。
 4)改善・改革の手法・進め方が当社がガイドする。
   5)改善・改革テーマおよび何をどう改善するかは各チームが決める。
   6)改善・改革テーマは半年で定量的効果が実現するもの
  でなければならない。
 7)半年後に実現した改善・改革成果を評価して
  優秀者を組織のトップが表彰する。

この改善プログラム(研修)によって、
大きな改善成果が得られるだけでなく、
部長(グループリーダ)のリーダシップが大幅に強化され、
グループの一体感が醸成されます。

MIND-VIPの仕組みにつきましては、
以下のご案内をご参照ください。
 
 http://www.newspt.co.jp/data/kensyu/vip/vip.html

この仕組みを使ってソフトウェア保守業務の改善・改革を
実現しようというものです。
このプログラムの詳細は以下のご案内をご覧ください。
  http://www.newspt.co.jp/data/hosyu_vip2/hosyu_vip2.pdf

ご関心ある方は是非お問い合わせください。
よろしくお願いいたします。
 mind-pc@newspt.co.jp
 

0 件のコメント:

コメントを投稿