2012年8月29日水曜日

韓国はなぜ頑張るのか

【このテーマの目的・ねらい】
目的:
 韓国大統領の日本人には「解せない」行動の
 背景を分析する。

ねらい:
 冷静かつ正当な日本政府の対応を期待する。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 
なぜ、韓国の大統領は、
常軌を逸するほどの反日行動をするのでしょう?
きちがい沙汰だと思っている日本人も多いでしょう。

選挙があるので、国民の人気取りをしようとしている、
と言われていますが、それだけではないようです。

ご承知のように、韓国という国は
歴史的に大陸からの侵略・支配を受け続けてきました。
したがって、
中国に対する警戒心は並々ならぬものがあります。

韓国は歴史的背景から
周りの顔色を窺うということに関して長けています。

これまで日韓が手を組んできたのは、
中国の脅威に対抗するためです。

ところが力のバランスが崩れてきました。
片やで中国の隆盛・強大化があります。
世界第2位の経済大国で、
第1位も視野に入ってきているでしょう。

韓国が、
「中国に対抗するのは容易ではない。
アメリカと組んでも絶対ではない」
と思ったとしても不思議はありません。

それに対して、日本は経済面でも政治面でも力を失っていて
頼りにならなくなってきています。

電機・自動車などの組み立て型製造業では、
韓国が日本を追い抜いたと思っているでしょうし。

政治の世界では「決められない状態」が続いています。
米国の信頼も厚いとはいえなくなってきています。
(この点は鳩山由紀夫の責任が重大です)

ということは、日本と組んで中国と対抗するよりも、
中国の機嫌を取った方が良い、
という判断があっておかしくありません。

そこへ、韓国自身の自信も加わってきます。
経済面での世界の一部市場制覇に続き、
オリンピックでも金メダル数で日本を抜く成績です。


日本は義を重んじ裏切らない
という精神理念を持っています。
ですから、これまで固い握手をしていたのに何だ?
とポカンとしてしまいます。

これに対して、
韓国は利を重んじ利に従う、
という精神構造を持っているのでしょう。
利は経済面だけでなく、安全面も含みます。

義は変わりませんが、
利はその時の状況で変化します。

ですから、堅い握手を反故にしても
何も感じないのではないでしょうか。
価値観が違うのです。

状況が変われば利が変わり、
日本に対する態度も変わるかもしれません。

それには、
日本がそれだけの実績を上げなければなりませんね。

今回の本題そのものではありませんが、
大統領が、日本に何らかの対応をもとめている
「慰安婦問題」はまったくの事実無根であることは
2011年12月の「慰安婦問題の虚構」で、
その根拠をご紹介しました。
謝罪なんてとんでもないのです。

言うべきことはどんどん言うべきです。
脱「遠慮」方針の政府の今後の対応に期待しましょう。



1 件のコメント:

  1. 上野さん、以下の点、全く同感です。

    ・ 日本はさらに実力を向上させるべき
    ・ 従軍慰安婦問題は完全な捏造
    ・ 日本の政治家は言うべきことは言うべき

    ちゃんと言うべきこと発信できる政治家を国民も選択しないといけませんね。


    返信削除