2011年5月28日土曜日

柔よく剛を制す


5月24日の日経新聞に以下の記事が載っていました。

「ひょうたん島」 松 生き延びた
岩手県の蓬莱島
(ひょっこりひょうたん島のモデルなのだそうです)
に生えているアカマツが
奇跡的に津波を生き延び、復興のシンボルとして
注目を集めている。

中略

この島には、社と鳥居、灯台があった。
津波で鳥居と灯台は流され、陸と結ぶ堤防も
なくなったが、松は残った。

根元からポッキリ折れた灯台と残った松を含む
島全体の写真が載っていました。
高さ3~4メートルの2本の松は
比較的元気なのだそうです。

―――――――――――――――――――――――――
同じく日経新聞ですが、
5月15日に「瓦礫の中の若木」というタイトルで
巌谷國士という方が
こういうことを書いておられました。
名文なのでそのままご紹介します。
―――――――――――――――――
3月18日のテレビの画面に、
三陸のとある港町の映像が映った。

大津波におそわれて壊滅し、
いちめんに瓦礫の堆積する住宅地のなかを、
ひとりの高齢の女性がさまよっている。
行方不明になった幼い孫娘の写真をもって。

つい1週間前まで家のあったところへ来たが、
建物は跡形もない。
すさまじい残骸のあいだに、
1本の細い若木が見つかった。

ひょろりと垂直にのびているその若木は梅で、
あの大津波にも根こそぎにされなかったばかりか
折られもせず、厳寒のさなかに、
新芽と小さな蕾さえつけているように見えた。

中略

梅の苗は孫娘の産まれた記念に植えられたのだという。
今はこの世にいない彼女の身代わりのようにして、
若木は育っている。

もしかするとその後、
瓦礫の中で花を咲かせたかもしれない。
――――――――――――――――――
感動的な内容です。
巌谷さんは仏文学者なのだそうです。
さすがですね。
―――――――――――――――――――――――――
次に、5月22日の日経新聞ですが、
以下のような記事が出ていました。

現在の高層ビルは、耐震・免震構造になっていて、
ビル自体は地震に耐えられるが、
中の梁や天井などが外れるとか落ちる
とかの被害がある。
これに対して対策を取ろうということで、
建築業界で研究を始めている。

ご存じのように高層ビルは、
しっかり壊れないように固く作るのではなく、
地震の揺れを受け流すように作る柔構造が、
現在の主流です。
柳の木の原理です。

「ビルが倒れない」という目的を追求してできたのが、
柔構造です。
現在の要求は「倒れないだけでなく、内装が壊れない」
となったのです。

その目的を達成するように研究が行われているのです。
おそらく内装自身も柔構造にするしかないでしょう。

この目的が達成されたらどうなるでしょうか。
「船酔いのように気持ちが悪くなる揺れをやめてくれ」
とでもなるのでしょうか。

――――――――――――――――――――――――
翻って、福島原発です。
5月25日の朝日新聞に、
「第1原子炉の冷却給水用の配管が
地震で破損していた疑いが出てきた」
ことが報道されていました。

これが事実とすればこういうことでしょう。
「原子炉容器は頑丈に作ったが、
そこに繋ぐ配管は、
原子炉側の揺れを吸収できる柔構造
になっていなかった」


以上を通じて言えることは、
昔から言われる「柔よく剛を制す」です。
以下は余談です。

これで思い出すのは、
空手と合気道の違いです。

空手の基本的な攻撃は突きとか蹴りです。
言わば剛です。

これに対して、合気道は相手が攻めてくる力を利用して
相手を制します。
柔と言えるでしょう。
ですから女性でもできるのです。

私が学生の頃、空手・柔道・剣道の道場(練習場)に
一人で黙々と合気道の練習をしている
「薄汚い」男がいました。

空手部の仲間は「邪魔な奴だ。おかしな奴だ」
という目で見ていました。
この男が東大の合気道部の創始者である
亀井静香氏でした。

彼の政治的なスタンスは、
柔ではなく攻め込む剛のようです。
お得意の柔の要素をもう少し取り入れたら
よいのではないでしょうか。

0 件のコメント:

コメントを投稿