2016年7月30日土曜日

経済効果2兆円!!

【このテーマの目的・ねらい】
目的:
 システム企画研修㈱の新しいビジネスモデルのご紹介です。

ねらい:
 応援をお願いいたします 
 機会がございましたらご参画ください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
まもなく始めようとしておりますシステム企画研修㈱の
新しいビジネスをご紹介します。

このビジネスの基本形はこういうものです。
1)ソフトウェア・エンハンス(保守)業務の改善を進めます。
  日本全体の経済効果は2兆円なのです。

2)個人個人が自分の業務の工数削減を行います。
  明確な数値目標を設定し改善結果の定量的な測定を行います。
  この過程で各人の仕事の見える化が実現します。

3)個人の改善成果を本人に還元することを原則とします。
  会社の目標管理制度に組み込んでいただきます。
  目標管理制度に魂が入ります。

4)個人の業務棚卸から改善目標設定・改善成果測定までの
  一連の検討プロセスを定型化したワークシートにして提供します。
  ダウンロード当りで課金いたします。
  この方式はビジネスモデル特許の取得を目指します。

5)一連の検討プロセスの進め方、解決策の検討方法についての
  研修を提供します。
  現在の「身の回りの業務改善実践」コースとほぼ同様の内容の
  3日間コースです。

6)積極的に広告宣伝を行い、このプログラムの認知を広めます。


以下にその広告に織り込むべき内容をご紹介します。
このまま広告になるわけではありませんので、
その点ご了解ください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

保守業務の重要性

 今や基幹系システムは10数年使います。



 






その間、利用部門のビジネス要求に対応するのは保守業務です。

 それなのに、保守業務の体制はどんどん削減されていませんか?


保守業務は改善されていません!!

では少数で業務が回るように保守業務の実施方法を改善していますか?

 ほとんどの企業では旧態依然のままです。


既存の保守業務は半減可能!

本腰入れて改善すると既存の業務は半減できます!

 日経コンピュータ2013.1.10号上野則男
 (システム企画研修株式会社 代表取締役)著
 「保守工数半減の勘所」参照。 


日本全体では2兆円の改善効果です。


仕事が半分になったらどうする!

ご心配要りません。

潜在的バックログがたくさんあるのです。

システム利用者は、現在は諦めて要求を押さえています。
 

既存業務を半減して前向きの要求にどんどん対応できるようになったら

システムの評価が変わります。

             
        


  

その改善活動の推進を始めています。  

 フォワード・コンソーシアムです。
 そのホームページを検索してください。

  主な会員名(敬称略)
   アドバンストトラフィックシステムズ
   伊藤忠テクノソリューションズ
   コニカミノルタ情報システム
   ジェーエムエーシステムズ
   情報技術開発 
   双日システムズ
   東洋ビジネスシステムサービス
   藤沼彰久


 そこが推進する業務改善プログラムは

 「個人個人が、自分のために自分の仕事を減らす改善をする」のです。

  講師が専門ノウハウに基づき参加者の個別指導をいたします。

着実に成果が上がっています。



その紹介・研究セミナはこれです。

是非、毎月開催のこのセミナにご参加ください。

エンハンス業務改革研究セミナ

注:開催日時は仮です。
当セミナの内容
  フォワード・コンソーシアムのご紹介
  当プログラムの全体はどうなっているのか
  どんな仕掛けで確実に改善成果を実現するのか
  当プログラムの成果事例(実践者の発表)
当セミナのご参加者
  CIO・システム部門長様
  情報サービス業社長様
開催日時(仮)
9月9日、10月10日、11月11日
いずれも14時~19時(情報交換会を含みます)
会場
  アルカディア市ヶ谷
講師
  システム企画研修株式会社代表取締役上野則男
  当プログラム経験者殿
参加費
  無料



















 お問い合わせ・資料請求・申込先


お問い合わせ  フォワード・コンソーシアム事務局

(システム企画研修株式会社内)

 電話:03-5695-3130  fc_info@newspt.co.jp


0 件のコメント:

コメントを投稿