2014年12月20日土曜日

連続・大量殺人事件で分かること、「女は怖い!」「男は弱い!」

【このテーマの目的・ねらい】
目的:
 女性が主犯の事件で「女は怖い!」「男は弱い!」
  ことを再認識していただきます。

ねらい:
 男性諸君!お互いに引っかからないようにしましょう!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
京都で発生した青酸による殺人事件が世間を騒がせました。

11月20日の夕刊フジは以下のように伝えています。

ただし、12月12日時点で確定しているのは、
筧勇夫さん殺害で起訴されていることと、
2012年3月にバイクで転倒して亡くなった71歳の男性殺しの
疑いで大阪府警が捜査していることだけです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
京都府向日市の無職、筧(かけひ)勇夫さん=当時(75)=を
青酸化合物で殺害したとして、
京都府警に殺人容疑で逮捕された妻の千佐子容疑者(67)。

死後、勇夫さんの遺産の一部を相続したほか、
周辺では他に3人の夫や内縁関係の男性と死別を繰り返しており、
これまでに取得した遺産は1億円以上に上るとみられている。

関係先から青酸化合物やオブラートなども押収された。
「後妻」を生業としていた千佐子容疑者とはどんな女なのか。

知人らによると、千佐子容疑者は北九州市出身で、
高校時代には手芸部に所属。
若いころは女優の野際陽子似のかわいらしい容姿をしていたという。

同じ高校に通っていた60代の男性は
「千佐子さんはかわいらしいことで有名だった。
男受けする顔をしており、憧れていた男子生徒もいたと思う。

卒業後は地元の大手銀行の支店に就職したが、
銀行もあの容姿なので放っておけなかったのだろう」
と振り返る。

20代のころに
旅行で九州を訪れていた大阪府貝塚市の男性と知り合い結婚。
夫婦で印刷会社を切り盛りしながら一男一女をもうけたが、
男性は1994年に死亡した。

その後、
2004年ごろに結婚した兵庫県西宮市の
医薬品卸販売会社元代表の男性=当時(69)=が06年に死別。

07年に結婚した大阪府松原市の農業男性=同(75)=も
08年春に死亡するなど、周囲で不審な死が頻発していく。

筧さんとは昨年夏、奈良県内の結婚相談所を通じて知り合い、
昨年11月ごろから同居。
昨年12月、
結婚から間もない死を不審に思った京都府警の捜査で
一連の疑惑が浮上した。

これまでに4人の男性と結婚し、それぞれと死別したことになるが、
このほかにも、
交際していた奈良県の男性や
兵庫県伊丹市の無職男性(75)が死亡している。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
これから言えることは、
何人もの男性が結婚をダシに多額の金品を巻き上げられた上、
殺されているらしいことです。

多くの場合、
70代の男性が60代の女性に騙されているのですよ!!

これで分かることは、
70代の男性でも十分色気があるということと、
(同世代人としてその気持ちは分からないではありません)
その対象が60代の女性だということです。

千佐子容疑者はもう年ですから美人とは言えませんけれど、
なんとなく魅力はあります。

被害にあった男性は、
近寄ってくる女性を怪しいとは思わずに、
財産を与えてしまうなんて、
枯れているはずなのに脇が甘いです。
情けないですねーー。

思い出してみると、怖い女がたくさんいました。

元祖は毒物カレー事件で死刑が確定している林眞須美です。

67人が被害に遭い4人が死亡しました。
その時、彼女は37歳でした。
「そんな怖ろしいこと!!!」と世間を仰天させました。
動機があいまいですからなお怖いです。

次は、
「婚活大量殺人事件」の木嶋佳苗です(逮捕時34歳)。
2009年に駐車場内にあった車の中で会社員男性(41歳)が
不審死をしたのがきっかけで逮捕されました。

その後、彼女の周りで
以下のように多くの男性が不審死をしていることが判明しました。
 松戸市の70歳男性
 青梅市の53歳男性
 野田市の80歳男性
 千代田区の41歳男性
 その他2件

それ以外に詐欺等で金品を巻き上げられた男性が7人もいるのです
(未遂をふくみます)。
その中で、静岡県の40代男性は、
ホテルで就寝中に財布から5万円を盗られています。
オトコはダメだねーー。

彼女は最高裁で係争中です。
しぶとい!!

その次は、
主犯女性64歳が留置所で自殺をして記憶に新しい「尼崎事件」です。
2011年に発覚したのですが、それまで25年にわたり、
複雑でいい加減な家族構成の中で
10人以上が不審死または行方不明となっています。

Wikipediaは以下のように述べています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

数ある大量殺人事件の中でも逮捕、書類送検者の数が17名と多く、
その中には被害者の子や姉妹といった親族も含まれていることが、
この事件の大きな特徴の一つである。

また、死亡事件以外に特筆すべき事柄として、
些細な弱みにつけこんで威圧的に家族を支配する、
いわば「家族乗っ取り事件主犯女Xが複数回起こしていた
ことも明らかになった。

そこでは、多くの人々が、親族間同士での暴力を強要されたり、
飲食や睡眠を制限されるなど虐待され、
さらには、財産を奪われたり、
家庭崩壊に追い込まれるといった被害を受けていたことも判明している。

逮捕書類送検者に、そういった事情により、
主犯女Xに取り込まれ「疑似家族」の一員となったり、否応なく、
事件に関与せざるをえなくなったと思われる人物も多く含まれている。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

尼崎事件では犯人が犯行を認めていますが、
他の女性は認めていません。
図太いですね。

冒頭の京都青酸事件でも犯人女性は、
「誰がこんなことをしたのだろう!」などと、スットボケていました。


男性はこんな見え透いた嘘はつきませんでしょう?
そいう点では女性の精神構造はどこか違うのですね。


私の僅かばかりの脳科学の知識では、
女性の脳は、左右の脳を連携する脳梁が太いために
右脳の働きが強く左脳の働きが抑えられます。
その結果、理詰めの判断力が弱くなります。

そのためでしょう。
いすれバレルに違いないことを臆面もなくしでかしてしまう
のではないかと思います。

夫婦間で、夫が誤魔化そうとすることは、
妻は直感(右脳のイメージ処理)で見抜いてしまいます。

夫は妻の誤魔化しに気がつきにくいのです。
奥さんの浮気は結構多いらしいですね。
気をつけてください!!

0 件のコメント:

コメントを投稿