2011年1月29日土曜日

教育の方法を変えましょう!

 大学卒の3割は就職できない状況となっています。
 そのため、約65万人の短大・四大卒者のうち4%くらいの
 2万5千人が専門学校に入り直しているのだそうです。

 かく言う我が娘も数年前、
 早稲田を出て介護福祉専門学校に入りました。

 就職できない原因はいろいろあるでしょう。

 1.日本の経済が不振で需要が少ない
  定年延長はその傾向に拍車をかける

 2.教育期間中の子供に切迫感がなく
               能力が身についていない。

 3.大卒者のレベルが低い
  20年間で大学進学率は2倍になり
               2人に1人が大学卒となる
 
 3番目のことに関しましては
 東京近県の私立大学の講師をされた方が
 こういう分析をされていました。
――――――――――――――――――――――――――
 現在は全入時代で
 大学進学希望者はどこかの大学に入れる。

  その「入れる大学」入学者は全義務教育生徒の25%
  難関大学・有名大学入学者は25%
  短大・専門学校進学者は25%
  就職者は25%

 この「入れる大学」の学生は,以下の傾向を持っている。
  学習習慣不足 
  学力中低位だが潜在意欲はある
  身体は健康
  比較的素直な性格
 なので、
 大学の取り組み次第で考え働く人材の候補になりうる。
 
 しかし、現在の多くの大学の授業は旧態依然としていて、
 学生の学習意欲を引き出すことができていない。
 授業をまじめに聞いていない学生が大半である。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 つまり、最初にあげました就職できない原因の4番目は

 4.教育・指導方法が悪い

 なのです。

 この先生は、情報子会社の社長をされた方でしたので、
 いろいろ教育方法の開発・工夫をされていました。

 教育方法の改革に関連して
 「イノベーションの知恵」
          (野中郁次郎・勝見明著、日経BP社)
 に以下の解説がありました。

 京都市立堀川高校でのことです。
 前年には
 国公立大学合格者が僅か6人しかいなかったのが、
 2002年には106人に増えたのです。
 奇跡と言われています。

 それは、
 荒瀬校長以下が素晴らしい取り組みをした成果なのです。
 以下、同書から引用してご紹介いたします。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 「詰め込みの知識教育型か、ゆとりの課題探求型か、
 二律背反のように語られるのは不幸なことでした。

 われわれが始めた探求科ではどちらも互いに補完し合い、
 相乗効果を生んでいます。
 どちらか一方ではなく、“二兎を追う”。
 あらゆる面で、二兎を追う決断をしたことで
 今の堀川高校があるのです」

 二兎の両立は学校生活のあらゆる場面で見られます。
 「勉強と文化祭」も二兎の一つです。
 大学受験を控えた三年生も9月の文化祭で行う
 クラス対抗パフォーマンスの準備に
 夏の2カ月を費やします。

 通常、「夏を制する者が受験を制す」といわれるほど、
 受験生には山場の時期です。
 当然、勉強と両立させるため、
 段取りを工夫しなければなりません。

 それが生徒の“受験力”“を高めると荒瀬氏はいいます。
 「なぜなら、受験も最後は“段取り力”で決まるからです。
 (中略)
 文化祭の後の模擬試験で成績が落ちても、
 受験生たちは段取りを考えながら、
 追い込みで力を発揮し、挽回していくのです」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 これだけでは十分お分かりにならないかもしれませんが、
 生徒に考える「しつけ」をしているのです。

 しかも、その題材は生徒たちが関心を持てるもので、です。
 興味・関心を持てる対象には
 誰しも真剣に取り組みますね。

 前掲の先生の指摘にありましたように
 「潜在意欲はある」人たちであれば、
 持っていき方一つなのです。

 早くこのような教育方法の改革が進むとよいと思います。
 この点に関する私の主張は、当ブログ2010年5月24日の
 「原っぱが消えた」でご紹介しています。

  http://uenorio.blogspot.com/2010/05/blog-post_741.html

 ところで、この「イノベーションの知恵」は
 野中先生らしい示唆に富んだ内容が満載ですが、
 その中にこういうものがありました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 理論的3段論法は、

 「大前提」「小前提」「結論」と展開するが、
 (野中先生たちの推奨する)
 実践的3段論法は、
 
  「目的」「手段」「行動」と展開する。


 「何かを実践する時にはまずその目的をよく詰める」
  (これは私どもの価値目標思考と同じです)
 「その次にその目的を実現するための手段をよく検討する」
  (これも同じですね)
 「その手段を実現するために積極的に行動する」
  (行動をしなければ何も生み出さない。そのとおりです)

 ご関心のある方は、
 是非、当書をお読みください。

0 件のコメント:

コメントを投稿