2011年1月22日土曜日

「アメリカにはもう頼れない」

 日高義樹氏の「アメリカにはもう頼れない」を読みました。  
 日高氏は、「日高義樹のワシントンレポート」で著名ですが、
 私との関係では、大学空手部の1年先輩です。

 空手ではそれほど強くありませんでしたが、
 日米関係については強いですね。

 テレビ番組で、石原慎太郎都知事が、
 アメリカで社交のできる日本人はただ一人日高さんだ、
 と言われていました。
 本書でも、キッシンジャーさんをはじめ多数の
 米国要人からの取材情報が紹介されています。

 タイトルの意味は
 「頼らないで自立しよう」
 と言う鳩山さん的発言ではなく、
 「(アメリカの戦略で日本は重視してもらえなくなるから)
 自立しなければダメですよ」という警句なのです。
 「目からうろこ」で教えられるところがたくさんありました。

 いかに日本がアメリカに甘え切っているか
 ということがよく分かりました。
 世界情勢の見方が変わります。
 
 普天間基地移転問題もこのような文脈の中で
 理解すべきです。
 (米国がそんなに焦っていないのが理解できます)

 以下、日高氏の主張を私なりに要約します。
 詳細は是非原本を読まれるとよいと思います。

 本報告の目的は、少しでも多くの方に
 このような大局観を持っていただきたいということです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
・終戦後、米国が日本の世話を焼いていたのは
 日本が再び米国に戦争を仕掛けてこないようにする
 ためであった(これは常識ですね)。

・米ソ冷戦時代は、日本はソ連に対する防波堤として
 米国にとって大きな戦略的な価値があった。

・ 日米安保は、
 その前提(米国や米国の価値観を守る目的)
 で存在しており、
 米国が米国の経費と兵隊の犠牲のもとに
 日本自体を守ろうとしているわけではない。

・ 中国が尖閣諸島に上陸したりしても、
 (中国が周辺のシーレーンの航行の安全を阻害したり、
 中国の艦艇が海上自衛隊を攻撃したりしない限り)
 米国はその「侵略」等を武力で排除することに対して
 協力しないであろう。

・ その場合の米軍の行動は自らの安全確保が目的で、
 必ずしも日米安保に基づくものではない。

・ 現在の日本の陸、海、空の自衛隊の戦力は、
 中国や北朝鮮、韓国を上回っている。
 そんな強国は、
 核で攻撃された場合以外に助ける必要はない、
 と考えるのが米国の常識だろう。

・ 現代、大国の軍備の戦略は、
 実際に戦争をする能力を高めるというよりは
 仮想敵国に対して
 強大な攻撃力または防衛力を誇示することによって
 戦争を思い留めさせる抑止力に重点がある
 (これも常識)。

・現在の米国の核の能力は、
 14隻あるミサイル原子力潜水艦の一隻で、
 広島・長崎級の1千倍の威力を持つ核弾頭を
 2880発も持っている。
 地球全体を14回も壊滅する能力があるのである。
 そんな能力が実際の戦闘で必要なわけがない。

・ 国際社会における発言力は、最後は武力次第である。
 現在の武力は核の保持である。

・ 核を保持していない国は、
 核を保持している国の強硬な姿勢に対しては 
 対抗手段を持たない
 (国連等による平和的な解決というのは甘い考えである)。

・ 鳩山さんが、
 「アメリカとの関係を変える(対等に付き合う)」
 と発言した時に、アメリカのキーマンやマスコミは
 「関係を変えるということは、
 日本が核を持つという意思表明なのか」
 と色めき立ったそうである。

・それが単なる「無知の思いつき的発言」だったので、
 鳩山さんおよび日本の評価はガタ落ちだったそうな。

・ 核以外の戦力を、仮想敵国近くに配備して
 現実的な抑止力(たとえば、
 尖閣諸島を実効支配しようとすることに対しての抑止力)
 を維持することは非常に大きなコストがかかる。

・ 現在の米軍の機動力は非常に大きくなっている。
 (たとえば、
 C17という長距離高速輸送機は戦車も搭載できる)

・ 中国・北朝鮮も核を保持し、
 近くの米軍基地を攻撃することができるようになったので
 軍隊の前線配備が意味をなさなくなった
 (大きな被害を受けてしまう)。

・ サイバー兵器の時代が始まり軍事常識が一変する。

・ そこで、戦闘力の前線配備をやめ、
 ハワイ、グァム、アラスカに最新鋭の潜水艦と航空機
 (無人偵察機グローバルホークを含む)
 を集中保持して、
 いざという時に直ちに現地の出動できるように
 切り替えつつある。

 (上野注:
 この方法はビジネスにおける在庫管理問題と同じです。
 集中した方がはるかに少量の在庫ですむのです)

・前線の戦力は、
 グァム・横須賀・佐世保・シンガポール基地所属の
 機動力ある海軍の艦隊が中心である
 (基地にいる兵力が頼りではない)。

・ そうなると、
 日本国内の米軍陸上基地の戦略的な価値は薄れるか
 無くなってしまう。

・オバマ大統領は親中国派であり、
 中国との「融和」を図っている
 (上野注:
 その後、中間選挙で米国民主党が大敗したこともあり、
 オバマ大統領の親中国路線は軌道修正されている)

・(若干脱線) 一方で、
 中国は経済拡大が止まり中国共産党は崩壊するだろう。

・ そういう流れの中にあるという認識をして
 日本の国家戦略を立案・実行していかなければならない。

・ その基本戦略では、
 自ら核を保持するか、
 米軍と共同で戦う体制を作り
 「アメリカの核兵器に手をかける」権利を持つNATO方式
 かの核戦略は避けて通れないであろう。

・ 早く戦後の甘え状態から脱却しなければならない。

・ 「日本人は考えられないことを考える力がある」
 という未来学者ハーマンカーン博士の言葉にもあるように、
 日本の新しい方向付けは可能であろうと信じている。

0 件のコメント:

コメントを投稿