2012年11月27日火曜日

「ドジョウ」は頑張ったですね!!

[このテーマの目的・ねらい]
目的:
 
 野田総理に「ご苦労様」を言ってあげる。
 2代の民主党政権がひどすぎたうっぷんを晴らす。

ねらい:
 白紙です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 

野田総理はましでしたね。
前の2代の総理とは比較になりません。

「天才バガボン」はとうとう引退しました。
彼は、日本を国際社会で大恥をかか
日本の評価を著しく毀損しました。
本人にその自覚がないのが一番困ります。
それが無能力者の顕著な兆候ですからね。

2番目の「世間知らず」も
これが日本の代表では恥ずかしい、という方でした。
引退の時期を見誤って連綿として
後世に悪名を残してしまいました。

それに比較して
「ドジョウ」さんはまともでした。

自民党にも気を持たせて、
よい幕引きの場を作りました。

解散を宣言した16日の前の週に
前原政調会長がテレビ番組で
「野田さんは誠実な方で、
近いうちと言ったので、年を越すことはない」
と言っておられました。

「信用があるのだな、でもどうだろう??」
と半信半疑でした。

そうしたら、ご承知の結果となりました。

野田総理としては、非常に良いタイミングでしたね。
第3極の狼狽ぶりはみっともないくらいです。
民主党にとって有利に働いています。

自分の発言に責任を持ち、
前言を翻さないということは
責任ある人間としての最低条件ですが、
その責任を果たしました。

民主党の世論評価も少し持ち直しました。
国民はよく見ていますね。

しかし、この3年弱の民主党政治は
悪すぎましたので、
自民党に勝つことは難しいでしょうね。

さあ、選挙はどうなるのでしょう。


2 件のコメント:

  1. 上野さんの野田首相評価などを参考に、16日の選挙結果による次期首相を予測してみました。

     民・自とも過半数を取れないと見て、
    自民第1党の場合 安倍晋三  公明ほかと連立
    民主第1党の場合 野田佳彦  自民と連立

     上記両党が第1党でも、維新以下の大同団結で

    石原慎太郎
    小沢一郎
    渡辺清美

    が首相になる可能性もありましょう。皆さんはどう予測されますか。
      

    返信削除
  2. 野田さんは前任者二人の負の遺産を引き継ぎながら、実際は解散前の人気を凌ぐ実績を残したと思います。小泉さんのように「民主党をぶっ潰す」とは口にしませんでしたが、半ばそうなる結果を恐れず、自分の思う方向へ歩を進めていきました。結果、岩手の金泥政治家一派を追い出しもしましたし。
    ただ惜しむらくは、真面目すぎるせいか泥の中に閉じこもって外界の景色を全く見なかったことです。それは、迎合主義に陥らなかったという長所とともに、衆の共感を呼ばないと言う短所ももたらしました。
    漢の高祖や薩摩の西郷さんのように人々の共感一本で大事を成し遂げた(ちょっと言いすぎ?)例も少なくありません。
    もし野田さんにその資質がもう少しあれば、民主党もここまで零落しなかったかもしれません。
    もっとも、それを望むには、民主党の内部事情が悪すぎましたね。

    返信削除