2016年3月31日木曜日

ケネディ暗殺事件の「新事実」ですって??

【このテーマの目的・ねらい】
目的:
 ケネディ暗殺の真実は
 いまだに明かされていないことを確認いただきます。


ねらい:
 こんな重大なことがなぜ闇に葬られているのか、
 疑問に思っていただきます。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


1週間ほど前、テレビで
(世界のトピックス紹介番組でしょうかね。詳細不明です)、
アメリカの誰かが(マスコミ関係者らしい)、
ケネディ暗殺の新事実を発見した
というテレビ画像が紹介されていました。


それによると、3発発射された弾丸の内の2発は
オズワルドがいたとされるビルから撃たれたが、
致命傷になったのは別だというのです。


その根拠は、初めの弾はケネディの胸を貫通しているが
(貫通されたのは同乗していたコナリーテキサス州知事ですが)
3発目の致命傷になったケネディの頭の弾丸は
当ると破裂する性質のもので初めのとは違う、というのです。
(たしか銃も違うと言っていたように思います)
撃たれた方角も違うと言っていました。


その3発目は誰が撃ったのか、については、
ケネディの後続の車に乗っていたシークレットサービスで、
凶弾後に左に乗っていた同乗者が飛び降りたので
その反動で身体が揺れ、持っていた銃が暴発したという推理でした。
推理ですから勝手ですが、そんなバカな!ですね。


第一、発射された弾丸は全部で5発です。
6秒間ではいくら連射の達人でも5発は撃てないでしょうから
3発ということになっていたのです。


弾丸の種類が違うということに着目したのは、
新しい点ですが、
そんなことはきちんと捜査をしていればすぐに判明したことでしょうに。


いまだに、ケネディ暗殺の真理は周知の事実になっていないのですね。


このテーマに関心ある方は、
落合信彦さんの命がけの報告書
「ケネディ暗殺の真実、20世紀最大の謀略」を
ご紹介した以下のブログをご覧ください。
http://uenorio.blogspot.jp/2014/03/blog-post_9613.html


この報告では、暗殺者は7人で多額の報酬を受け取ったが、
その後、全員「消された」そうです。


このブログは「上野則男のブログ」の歴代2位で1万回以上のアクセス数です。







落合信彦さんの解明によれば、陰謀の全貌はこうなります。
1)首謀者がそれぞれ自分の利益で企画した
  (N次期大統領,FBI,KGB、マフィア)


2)オズワルドを単独犯にする。
  (そのために、後でさもありなんと思わせる事前活動
  (ライフル練習など)をさせた。
   事件後の逃走ルートで犯人と思わせる行動をとらせた。
      偽装も多数ある)


3)7人のヒットマンを雇った
  (その後、全員消された)


4)ケネディの司法解剖を地元でさせずにFBIの管轄下で行った


5)口封じのためルービーにオズワルドを殺させた
  (2日間の拘留中にオズワルドは一切調書をとられていない)


6)その後、多くの証人になりそうな者、
  真相解明に首を突っ込んでくる者を葬った。


これだけのことを仕組むニクソンですから、
大統領の時に田中元首相を陥れるなど
赤子の手をひねるようなものだったでしょう。
 上野則男のブログ 「天才」って誰のこと?をご参照ください。
 http://uenorio.blogspot.jp/2016/02/blog-post.html



0 件のコメント:

コメントを投稿