2015年10月13日火曜日

DAIGOの愛犬リリィの不思議

【このテーマの目的・ねらい】
目的:
 ワンちゃんの超能力について考えていただく。

ねらい:
 リリィちゃんの冥福を祈りましょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

竹下登元首相の孫でタレントのDAIGOさんの愛犬リリィのことです。
数日前のテレビで報道していて知りました。

リリィはDAIGOのおばあちゃんが飼っていた犬を
小さいときに引き取ったのです。
DAIGOが日テレの24時間テレビで100キロマラソンを完走した翌日、
13歳9カ月で亡くなりました。

リリィが元気な時にはまだ売れていないDAIGOを元気づけていました。

だいぶ前から心臓弁膜症も患い
動くのもままならなかったのですが、
DAIGOがマラソンに出かける時には
よちよち玄関まで来て見送りました。

そして、DAIGOのお父さんと一緒にテレビで応援していました。
DAIGOが帰ってくると抱っこされて喜んでいました。
(これはテレビで作られた映像でホンモノではありません)

ところが、その翌日死んでしまったのです。
なんとけなげな!!スゴイこと!!

犬のことについては、このブログで取りあげたことがあります。
2015年4月20日の「幸福に死ぬための哲学」で、
この著者池田晶子さんの詩をご紹介しました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【犬の力を知っていますか?】

「犬の力」と私は呼んでいます。
人の心をかくまで深く惹きつけるその力のことです。

それはすなわち、人の心を無防備ににしてしまう力なのだ。
彼らの振舞い、彼らの瞳、彼らの心の偽りなさは、
我々の心を完全に無防備にしてしまう。
それが彼らの力なのだ。

心を無防備にされた我々は、
無防備になった心、武装解除した心が気持よい。
それが気持よくて、我々は彼らを愛するのだ。
彼らは我々によって愛されるのだ。

犬は、人間に愛を教えるために
(神様によって)創られた生き物なのだ。

そういえばそうですね。
近所のワンちゃんの目を見ているとそう思います。
忠犬ハチ公がその好例です。

猫はずるがしこそうな眼をしていますが、
犬の目は純粋ですね。
人をだましそうにありません。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
忠犬ハチ公は感動的な「物語」ですね。
最近東大農学部内に
飼い主の先生とハチ公の銅像ができたそうです。

今回のリリィちゃんは今様忠犬ハチ公です。

犬は、大事なことを察する力を備えているのですかね。
動けない身体なのに動いていくとか、
ご主人が大きなことに挑戦しようとしていることを察する、
それが終わるまで見届けるとか、
まさに超能力ですね。

DAIGOの頑張りの裏にリリィちゃんの力があったのです。
冥福を祈りましょう。

以下のURLはDAIGOのブログの紹介です。
http://laughy.jp/1440563694428150584



0 件のコメント:

コメントを投稿